なゔメモ

アラサー神経質男子の服と革靴と暮らし。一人暮らしのスタイルの提案。


 ストレスなく暮らすためのメモ帳。

AppleのBluetoothイヤホン、Airpodsを買って生活が豊かになりました。

世間を賑わせている、 Airpods pro。

初代Airpodsは持っているけど、予算ができたらProは是非とも買いたいな、と思っています。

ふとAirpodsを買った当時のことを思い出したんですが、これを買ったことでかなり生活が豊かになったなぁ、と考えてました。

そこで、Airpodsを買ったことで生活がどう変わったかを綴ります。


この記事のため、Airpods撮影会を開催  

生活が変わりました。

四六時中着用してます。

大げさではなく、勤務中とお風呂意外の日常生活においては、常にAirpodsを着用しています。

付けているのを忘れて、お風呂に入ろうとする程度には身体の一部と化しています。(まだAirpodsはシャンプーしてない)

仕事中も正直Airpodsが耳に無くてソワソワしているくらいです。

家事をしながら、音楽・動画を常に鑑賞できる喜び

以前までは、PCでの動画や音楽鑑賞はDTMのモニター(ヘッドフォン)として使っていたヘッドフォンを使用していました。

もちろんケーブルがあるタイプのものだったのですが、飲み物を取りに行ったり、トイレに行くたび、それまで楽しんでいた動画や音楽を一旦停止することに、かなりストレスを感じていました。

そこで、ワイヤレスイヤホンの導入を決意したのですが、これが大正解でした。

部屋のどの場所からでも、どんな姿勢でも音楽や動画を鑑賞できる。

そんな快適な生活を得ることができて、心底買って良かったと思っています。

Bluetoothイヤホンをまだ持っていない方はそんな生活を想像してみてもらいたいです。

ちなみに、7畳1DKの部屋でAirpodsってどのくらいの距離繋がるかと言うと、

・接続元端末を部屋に置いたまま部屋出た瞬間さすがに繋がらなくなる
・玄関までは繋がる
・トイレに行ったり、間に壁があるとたまに途切れる

といった印象です。

でも、室内ウロウロしてて接続で気になったことはほとんどないですね。

満員電車でもケーブルなしでストレスフリー

都心近郊に住まれていない方はピンと来ないかもしれませんが、通勤ラッシュ時間帯の満員電車の圧は本当にすごい。

ケーブル付きのイヤホンだと、近くの人の服やカバンに絡まってしまう、といったトラブルが結構あります。

実際目の前でケーブルイヤホンで絡み合い、結ばれた二人のおじさんを見たこともあります。

その光景を見てストレスかなり溜まりましたし、やっぱりワイヤレスイヤホンが良いなと改めて思いました。

ただ、満員電車によるストレスはなくなりません。

辛い

1年半使ってみて思うこと

意外と良かったポイント

・意外と耳から落ちない
これまでカナル型のイヤホンを愛用していたので、形状的に耳から落ちそうだなー、と思っていたのですが、先述の通り、満員電車のような戦場でも落ちませんでした。

・耳うどん意外と気にならない
発売当初、Airpodsを付けると耳からうどんを垂らしているように見えたことから、
そのデザインがボロクソに言われていました。

実際買ってつけてみると、全然気になりませんでした。

付けてる人の視界では自分の耳は見えないので当然です。

あと、街に出てみればみんなうどん付けてますから。


うどんとはよく言ったものです

・意外と無くさなかった
買った当初、これは絶対なくすと思っていましたが、無くしませんでした!

カラビナ付きのケースを買って、カバンから離れないようにしていたのが良かったです。

カバンに引っ掛けておけるのでおすすめ

・意外と洗濯しなかった
ケーブルイヤホンを使っていたときは、服のポケットに入れたまま洗濯した回数は数知れず。

Airpodsもその運命にあるのか、と戦々恐々としていたものですが、やはり金額からの潜在意識か、洗濯しませんでした。

「当然だろ」という方もいるかもしれませんが、当然なのですが、自分の中で1年半洗濯しなかったのはすごいことでした!


おやすみAirpods

ちょっと思うこと

・充電の持ちが悪くなった。
当然ですが、1年半も使ってると充電の持ちが悪くなりました。

買った当時は半日くらいは余裕で充電が持ったイメージですが、今では2時間くらいつけっぱなしだと例の「ペッポロポンポン」という音が鳴ります。

あの音、絶望的な気持ちになりますよね。

・片方充電されない現象
これはよくあることなのでしょうか、片方だけ充電されていないというときが結構あります。

接触が悪い様で、綿棒とかで掃除したりしてますが、しばらくするとまた片方充電されてない。

左右どっちか一方だけ、というわけでなく、日によって変わります。

装着してみて音楽を流すと、片方からしか音が聞こえなかったときの悲しみ。

・音漏れすごい
自分が聞いてるぶんには気にならないですが、周りでAirpods使ってる人の音漏れ率は気になります。

通勤時間帯のビジネスビルのエレベーター内で、必ず一人は音漏れしてる人がいる現象、分かってくれる人もいるはず。

これはカナル型のAirpodsProであれば解消できそうです。

・トントンでの操作が微妙
トントンしても反応しないことが多々ありました。

強めにやれば反応してくれるんですが、周囲から見たら全然スマートではないし、自分の耳殴りまくる人です。


シンプルで邪魔にならない

まとめ

無くさない、洗濯しない自信があるならワイヤレスイヤホンは買うべき

iPhoneユーザーはもちろんのこと、スマホユーザーであれば買って絶対損はしないです!

それくらい、ぼくはAirpodsを買って生活が良い方向に変わったと思っています。

もちろん、Airpodsに限らず、Bluetoothイヤホンで生活を変えられると思うので、Airpodsが高すぎると思う人はお手頃なものから試してみてほしいです。

Airpods以外のワイヤレスイヤホンは買ったことがないので、わからないというのが正直なところですが、お風呂でも音楽聞けるような防水仕様のものは試してみたいですね。

AirpodsProが狂おしいほど欲しい

周りの評判見てると絶賛の嵐ですよね。

ノイズキャンセルはもちろん、防水具合や外部音取り込み機能も気になります!

室内でお風呂だけは外してましたが、もしかするとお風呂でも音楽聴けるかと思うと、本当にワクワクします。

しばらくはそれを楽しみに、Airpodsを装着して満員電車に揺られます。


これからもよろしくです。

参考 -使用環境など-

参考にぼくのAirpodsの使用環境などを置いておきますね。

接続機器

iMac(21.5-inch, Late 2015)
iPhone XS

使用シーン

・1DKの室内での至る所
・都心の通勤ラッシュ満員電車
・その他、外出時は常に着用 

使用暦

購入日:2018年5月6日

使用頻度

仕事中とお風呂以外、常に着用。
ホントに。 

使用用途

・Youtube鑑賞
・通勤時の音楽鑑賞
・たまにDTMのモニター(音の状態を確認するための機器のこと)

以上