Jalan Sriwijayaのローファーのサイズを自分で調整しました。

スポンサーリンク

ローファーはサイズ選びが難しい

スリッポンタイプで気軽に履けて、
フォーマルカジュアルを問わない。

そんな万能シューズ、ローファー。

ぼくも1足持っていて、
春夏なんかは出ずっ張り。


しかし、ローファーを履いていると、常に付き纏う”ある思考”がぼくの中にありました。

それが、

「もしかしてサイズ合ってないのでは・・・?」ということ。

どうも左足のつま先が歩く度に当たるように感じる。

ローファーは靴紐がないこともあり、
サイズ選びが困難なことで有名。

学生の制服靴なので、
過去にサイズ選びで苦しめられた方も多いのでは…

ここで神経質男子の真骨頂。

サイズが合っていないという強迫観念で、
手放すことも考えるほど。

しかし、履き皺もしっかり入って愛着も湧いてきたところ。

さすがにそんなの正気の沙汰ではない。

いい方法はないものかと、
模索し始めたのが始まりでした。

そんなわけで、今回は

「お気に入りのJalan Sriwijayaのローファーを、タンパッドでサイズ調整したよ」

という趣旨の話です。

 

お気に入りのローファー、Jalan Sriwijaya

今回サイズ調整したぼくの愛靴、
Jalan Sriwijayaのローファー「98589」

サイズは8Hです。

コストパフォーマンスが高いことで有名な革靴ブランドです。

ブランドの読み方はジャランスリワヤなのかジャランスリウァヤなのかどっちが正解か未だにわかっていません。

ローファーを買うときにいろいろ見て回ったのですが、これが一番条件に合致して、しっくりくるものでした。

本当はJ.M.Westonの180ローファーが欲しかったのですが、予算の都合上もあり…(そっちは1足10円万以上する!)

でも、今では結構愛着が湧いちゃってます。

仕事でもプライベートでも履く頻度は結構高く、
今後数年はお付き合いすることになりそうです。

どうサイズが合わないの?

足の悩み

ぼくはどうも、ちょっと変わった足の形をしてるみたい。

だいたい靴屋の店員さんに、
いつも以下のようなことを指摘されます。

  • 甲が低い
  • 足幅はしっかりある
  • 足長もしっかりある(スニーカーで27.5cmとか)
  • 足長が左足と右足でハーフサイズ違う(左足だけハーフサイズ長い)

こんな足の形をしていると、
どんな悩みが出てくるかというと…↓

こんな足の悩み…
  • 甲の低さ故に足が前にずれて、つま先が靴先にあたる
  • 甲でサイズを合わせようとしたら、サイズを下げる必要がある
  • 足幅と足長はしっかりあるので、サイズを下げると入らなくなる
  • 足幅と足長に合わせたら甲が合わず、足が前にずれて靴擦れやつま先に指があたる

というサイズ選びの負のループに陥ります。

紐靴であればギュッと締めることで、
甲の低さはカバーできるんですが…

ローファーのようなスリッポンはそうはいかない。

Jalan Sriwijayaのローファーを購入時は足長に合わせて購入したのでした。

ローファーを買った後の悩み

実を言うと購入時に試着したときから、
左足のつま先に少し不安がありました

見た目が大変好みで価格的にも予算に合う。

「まぁ大丈夫だろう」と、
自分に言い聞かせて購入したのでした。

しかし、革靴は履き込むとフィット感が緩くなるのが一般的。(コルクが沈んだり、革が馴染んで柔らかくなるため)

今回もその例に漏れず、
履き込む内にフィット感も緩くなり。

足が前側にずれるようになったようで、
やっぱり左足のつま先が当たっている感覚を覚えるようになりました。

ちなみに右足に関しては、
つま先が当たるような気配は全く無い。

左右でハーフサイズ長さが変わると、
こんな悩みを抱えることになって辛い・・・

フィット感が緩い革靴のサイズ調整方法

インソールで調整する方法

一番主流で、
真っ先に思いつく調整方法。

インソールにもいくつか種類があります。

  • 土踏まずを合わせるタイプ
  • レザーインソール
  • ジェルインソール
  • ハーフインソール

自分の足の悩みに合わせてどうぞ。

靴の中に入れるだけで調整できてお手軽、という点も魅力ですね。

タンパッドで調整する方法

甲が低くてサイズが合わない、
という人にはこれ。

ペタッと甲の内側に貼るだけ。

「こんな小さいものでサイズ調整できるのか?」
って思いますが、意外と効果的。

靴屋さんでもオススメされています。

デメリットとしては、テープで貼り付けるのでインソールのような手軽さはないこと。

もし剥がしたいとき等に、内側の塗装も一緒に剥げたりしちゃうのも気になるかもしれませんね。

かかとパッドで調整する方法

かかとが浮いてしまう、
かかとの靴擦れが激しいときに良いでしょう。

ただ、靴を脱いだときに見た目がよろしくない…

靴のサイズ調整では最終手段だと思ってます。

(こちらもタンパッド同様シールで貼るので、剥がしたりしなきゃいけないデメリットは同様にあります)

実際に調整してみました

購入する前に、まずは色々試してみる

店舗によると思いますが、
東急ハンズは様々なインソールを試着できます


結構前のツイートですが。

実際にぼくはここで色々試してみました。

厚地のインソールを入れてみたり、
ハーフインソールを入れてみたり。

試した感じで、結果として選んだのは・・・

タンパッドを選びました。

ぼくが選んだのはタンパッド。

試着した結果、甲が低いことで足が前にずれて、つま先が当たるようでした。

インソールを入れるとキツくなりすぎた感じがあって馴染まず…

なのでこれを付けて、ローファーを履いた時のストレスからの解放を目指します!

付けてみる

今回使ったのはこちらのレザータンパッド。

値段は両足セットで¥1,100+税。


中身はこんな感じ。
レザーの質感で、ふわふわしてます。

中の説明書。
とりあえず指示に従い、パッドを仮止めします。


1cmほど切ってみたのですが、
紙を切るのは逆側を切った方が良かったです。。

というのも、画像で紙を切ってる側が取り付ける時に手前側になります。

この状態だと、仮止めしたあと紙を剥がすときに靴の奥側から剥がすことになるので非常に剥がし難かったです…

すごく細かい話だけど、
取り付け時には参考にどうぞ。

軽く後悔しながら、仮付けして試着してみるとなかなかいい感じ

このまま紙を剥がして取り付けることにします。
(先述の通り靴の奥に手を入れて剥がしたので苦戦しました)


結果としてはこんな感じ。

右足は特に悩んでいないので、
今回は左足だけ付けることにします。

そして、付けてみて実際に軽く履いてみた感想としては・・・

いい感じ!

前にずれなくなって、歩いてもつま先があたる感覚がなくなりました!

劇的に変わったわけではなぃ画像でお伝えするのが難しいのが残念ですが。

結構しっくりきてます。

つける前は「こんな薄い1枚のパッドでそんな変わらないんじゃ…」と思っていたんですが、しっかりした着用感に変わりました。

同じ悩みを抱えてる方には、
自信を持ってオススメできます。

これどうするの?

サイズ調整も成功した!というところで気分が良くなっていたところ。

そこはさすがに神経質男子。

とある疑問点がふと頭に浮かんできました。

シューキーパーってどうしたらいい?

革靴の型崩れや皺伸ばしの目的で革靴に入れておくシューキーパー。

勿論、ぼくもローファーに入れています。

今までは甲が高いタイプで、皺もしっかり伸ばせるタイプのものを使っていました。


しかし、タンパッドを入れたことで、
シューキーパーのサイズも変えなきゃいけないのでは?と考えました。

元々タンパッドを入れてない状態でシューキーパーを選ぶはず。

タンパッドを付けたままシューキーパーを入れると、革靴自体も伸びてしまうのでは?

というわけで、いつも使ってるシューキーパーを入れてみます。


タンパッドも圧迫されててすぐダメになりそう…
皺はしっかり伸びていますが、
大丈夫でしょうか。


気にしすぎかもしれませんが、
靴と長く付き合いたいので気になるポイント。

そこで、甲が低めのシューキーパーを試します。


こちらは無印良品のフリーサイズのシューキーパー。
現在販売されているものではなく、1世代前のものです。

(今の無印良品のシューキーパーはレディーズとメンズでサイズが別れてて、少し甲が高め)

シューキーパーを入れるとこんな感じ。

タンパッドを圧迫してる感じはなく、個人的にはいい感じ。


分かり辛いですが、先ほどのシューキーパーより甲の張りはないように見えます。

皺を伸ばすという目的だとちょっと物足りないかも?

でも、「パツパツで革に悪いかも…」という不安を抱えるよりは良いかな…

という精神衛生上の問題から、一旦こちらのシューキーパーで様子を見てみます。

2020/05/10追記

Jalan Sriwijayaのローファーについて詳しく書いた記事を書きました。

こちらも合わせてどうぞ。

Jalan Sriwijayaのコインローファー、98589について
夏も目の前に迫ってきており、革靴好きとしては辛い季節。しかし、ローファーなら気兼ねなく履くことができますね。Jalan Sriwijaya(ジャランスリワヤ)のコインローファー98589を愛用しているので、サイズ感や革質などについて話します。
なゔ
なゔ

以上です。
ご覧いただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました