なゔメモ

「ストレスなく、正直に暮らす」をテーマにした、アラサー神経質男子の服と革靴と暮らし。

部屋干しはメリットいっぱいです。

なゔです。
今回は「ぼくはどんなに晴れた日でも部屋干しする男だよ」って趣旨の話です。 

絶対部屋干ししかしない男

ぼくはお洗濯が大好きです。
お洗濯におけるこだわりはそこそこあります。

そのこだわりの内の一つが、どんなに快晴でも、絶対部屋干ししかしないということ。

自分の中では当たり前のことだったのですが、周りの人に聞いてみると結構珍しいみたい。

もともと性格は捻くれておりますが、これに関しては世間の逆張りしているわけではなく、色々理由があるんです...

 

メリットだらけの部屋干し

なんで外干しをしないかと言いますと、部屋干しは外干しより遥かにメリットが多い!と実感しているから。

だから逆になんで外に干すんです?くらいの勢い。

そこまで言い切るからには、部屋干しのメリットを語らねば、ですね。

衣類へのダメージを防げる

外干しだと太陽光の紫外線を浴びてしまって、色褪せが起きます

出窓に置いてた本が色褪せて真っ白になってた、みたいな経験は誰もがしてるんじゃないでしょうか。

それは、残念ながら服も同じこと。

短い時間とはいえ、紫外線のダメージはあります。
それが積み重なると、服のために良くないのは容易に想像できますね...

でも、部屋干しなら服へのダメージも心配もありません!
一応、裏返しに干すことで防ぐこともできますが、そんな手間は使いたくないですよね。

時間を気にしなくていい

外干しするならお日様が出ている時間帯しか洗濯物を干せないですよね。

でも、部屋干しなら多少時間が遅くなっても大丈夫!
○時までに洗濯しなきゃ!と時間に追われて焦る必要がないので生活に余裕ができます。

夕方くらいから洗濯機回して、夜寝てる間に乾かすことも可能です。
ただし、あまり遅い時間はご近所迷惑になるのでやめましょう!

天候も関係ない

部屋干しをする一番の理由ですよね。
普段は外で洗濯物を干す方も、雨の時期だけは部屋干しすることになると思います。

でも、普段から部屋干しする習慣があれば、天候を気にしなくていいですよね!

意識することが減るので、精神的な余裕すら生まれそうです。

冬場の乾燥対策

湿った洋服を室内に垂れ下げてるんだから、そりゃ当然乾燥対策にもなります!

喉鼻の粘膜を守ることもできて、健康面でもメリットがありますね。

・他にも…

細かいメリットを挙げるなら、

  • 防犯対策
  • お部屋が柔軟剤のいい匂いになる
  • 寒い季節でも、部屋から出なくていい

など、いいこといっぱいです!
こりゃもう部屋干ししない手はないですね!

部屋干しのデメリットってないの?

残念ながらあります・・(部屋干ししない手もある)
みんなが部屋干しを避ける理由が。

気を付けてないと臭くなる

部屋干しを避けてる人が多い最大の理由だと思います。
あの部屋干し特有の臭い、気分がいいものではないですね。

梅雨時期などはたまにあの臭い漂わせちゃってる人いますよね・・

部屋のスペースを取られる

とにかく場所を取られます。
ワンルームの部屋とかだとほとんど干せる場所ないですよね。

無理やりカーテンレールに干しちゃうとかあるある。
部屋の景観が悪くなります。。

夏場は乾きにくい、カビの恐れ

湿度が高くなる夏場のような季節は、部屋干しだと洗濯物が全然乾きません。
湿気が高くなるということは、カビが生える恐れも増しちゃいますね。

 

でも、全部対策できます

デメリット3点あげましたが、実は全部、工夫次第で対策できるものです!
最近では、便利な部屋干し用のグッズがたくさん出てます。

実際使ってみてのオススメや、探してて良さそうと思ったものを共有します。

おすすめ部屋干しグッズいっぱい

ー匂いを防ぐグッズ

部屋干し用洗剤

部屋干し用の洗剤も最近はいろんなメーカーが出してますね。

最近は普通の洗剤を使ってますが、昔は部屋干しトップをつかってました。
そのときは結構効果があるように感じてました。(検証まではしてないですが)

部屋干し用に専用の洗剤を用意しとくのもアリですね。


洗濯マグちゃん

洗濯機に入れて洗うだけで部屋干しの臭いを防いでくれるという優れもの。
入れるだけなので、手軽さが素晴らしい

原理としては、中に入っているマグネシウムと水が反応して、アルカリ水に寄ることで洗浄力を高めるという理屈らしいです。

効果のほどは自分で使ったことないので、いつか試してみたいですね。 

酸素系漂白剤+お湯

これはちょっとグッズとかとは違うんですけども。。

そもそも、部屋干しがなぜ臭くなるかっていうと、普段の洗濯で落ちきってない雑菌が溜まってるからなんですね。

外干しだとすぐに乾いてくれるから雑菌が繁殖しにくいんですが、
部屋干しは乾きにくいから雑菌が繁殖して、あの部屋干し特有の匂いになります。

つまり部屋干し特有の臭いが出るってことは、普段の洗濯が不十分ということなんです。

だから、その汚れを落としてしまえば、部屋干しの臭いになることはありません!
臭いが気になるときは、酸素系漂白剤とお湯でしっかり汚れを落としてあげるのがおすすめです!(漬け置きが効果あり)

で、なんで酸素系漂白剤かというと、塩素系に比べて色落ちし辛く、色んな衣類に使えるからです。

酸素系漂白剤は、洗濯機自体の掃除など色々な用途に使えるのでぜひもっておきたいですね!

 

スペースを確保するグッズ

室内物干し 折りたたみ式

普段は折りたたんで収納しておいて、洗濯ものを干すときだけ取り出す。

大量の洗濯物でもしっかり干せるのが強みですね。

ただ、この物干しを置いておくため、結局スペースが必要になるのがネックです・・

室内物干しワイヤー

部屋の壁に箱を取り付けて、洗濯物を干すときだけ箱からワイヤーを引っ張りだすタイプ。

普段ワイヤーを収納しておくにも、先ほどの物干しみたいにスペースを取られることもないし便利そうです。

ただ、取り付けるのが接着剤だったり釘だったりと、賃貸だと厳しいなのが難点。

ドアハンガー

扉に引っ掛けてハンガーを吊るす場所を確保できます。

干せる洗濯物はかなり少ないんですが、手軽に物干しスペースを確保できます

下着だけ、とか特定の衣類だけ乾かしたい時とかは最強です。

エアコンハンガー

エアコンに引っ掛けてハンガーを吊るすタイプ。
これ考えた人天才ですよね。

エアコンの乾燥対策にもなりながら、洗濯物をエアコンの送風で乾かせる。
一石二鳥のアイディア商品。

ぼくの部屋のエアコンがスペース的に対応してなかったので、残念ながら使っていません。。
もしスペースがあるなら絶対に使っていましたね。

ただ、これを使うときに気をつけたいのが耐荷重
無茶な量の洗濯物を掛けると、とんでもない事故を引き起こすので要注意です!

突っ張り棒

収納アイディアの塊、一人暮らしの強い味方、突っ張り棒。

突っ張るスペースさえあればどこでも物干しスペースになります
突っ張れるスペースがあるなら、積極的に使いたいアイテムです!

ただし、こちらも耐荷重を守らないと、これまたかなり悲惨なことになりますね。。

 


ー室内でもしっかり乾かすグッズ

サーキュレーター

扇風機とは一味違う、サーキュレーター。
何が違うかというと、

  • サーキュレーター・・・空気を循環させる
  • 扇風機・・・涼をとる

と使う目的がそもそも違うんですね

サーキュレーターの方が遠くまで風を届けてくれるので、洗濯物を乾かすのに適しています
(扇風機だとそもそも風が届かない)

エアコンの空気を循環させるのにも使用できたり、値段も手頃なものが多いので、扇風機とは別に持っておきたい家電です!


除湿乾燥機

部屋干しにおいて最強。

実際使ってますが、普段だったら乾かないような時間で綺麗に乾かしてくれます
使用し終わると、タンクにタプタプと水が溜まってるので効果のほどが伺えます。

数万円する買い物なので、お試しに買ってみるとかはなかなかできないのが難点。
でも予算があるなら、部屋干し対策の効果は抜群なのでオススメできます!

まとめ

結局、この記事で伝えたかったことは

  • 外干しをしない選択肢もある
  • 部屋干しは実はメリットがいっぱいある
  • 勿論デメリットもあるけど、工夫すれば問題なし

ということ。

勿論、自分に合った洗濯の仕方って個人個人であるし、それが一番だと思います。

でも、ここまでで部屋干しの素晴らしさに気付いてもらえて、それが自分に合ってると思ってもらえたら幸いだな、ってことでした。

今回は部屋干しのメリット/デメリットにフォーカスして語ってました。

ぼく自身が部屋干しでこだわってることをあまり書けてなかったので、それはまた今度です。

以上。