なゔメモ

「ストレスなく、正直に暮らす」をテーマにした、アラサー神経質男子の服と革靴と暮らし。

MOTO(モト)のコードバンの革靴を買った話。

なゔです。
今回は「MOTO (モト)というブランドの革靴を買いましたよ」ってだけの話です。

コードバンへの憧れです。

みなさん、革靴好きですよね?
画面の前で頷くみなさんの笑顔が眼に浮かぶよう。

かく言う自分もその一人。
昔は1足買うのに結構躊躇していたものですが、1足○万円でも平気で買うようになってました…

そうして革靴のことをあれこれ調べている内に、ある革靴に憧れを抱くようになっておったんす。

それが”革のダイヤモンド”とまで呼ばれ、希少性が高く良質とされる革。
"コードバン"と呼ばれる革です。

コードバンとは?

コードバン(cordovan)は、農耕用馬の臀部から採れる皮革。主に革靴や鞄、財布などに使用され、昨今では小物用素材としても普及している。臀部以外の比較的柔らかい部分は靴の内革に多く使用される。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

つまるところ、馬のお尻の革をコードバンと呼びます。

お尻?って思われるかもしれませんが、お尻です。
馬のお尻の革は手入れすることによって、独特の光沢とシワ感が出るんですな。
つまりプリケツ。

コードバンという革を知ってからは、革靴好きを自称する者の例に漏れず、コードバンの革靴が欲しくなっていましたよね..

コードバンを使った革靴で有名なブランドと言えば、ALDEN(オールデン)
革靴好きな方なら必ず聞いたことがあるだろうし、憧れを持つブランドの一つ。
コードバンを買うならまず候補に挙がります。


https://amzn.to/38kg4F1

ちょっとだけ前、今年の10月のこと。
消費税が上がってしまいましたが、多くの人がそのタイミングで大きな買い物をしたことでしょう。

当時のぼくも同じ考え。コードバンを買うタイミングは今しかない。

そして消費税が上がる直前なら何を買っても許されるし、言い訳にもなる(誰への)という自分ルールを設定し、コードバンを買ってしまったんです....

でも、ぼくが買ったのは皆が憧れるブランド、ALDENではありませんでした。

コードバンシューズを探す中で見つけた日本のブランド、MOTO(モト)のコードバンシューズをお迎えしたのでした。

 

邂逅、購入。

MOTO・・・?

まず候補に上がったのはALDENの靴だったのですが、ネックとなるなのはその値段。
靴の形にもよりますが、だいたい1足12万円以上もするくらいの金額。

ALDENの質からすると妥当とも思えますが、単純に金額だけ見ると白目剥いて気を失う金額

やはりコードバンを買うのはまだ早いのかな...とシュンとしつつも、他のコードバンを使っているブランドをネットで漁りまくっておりました。

そこで目に付いたブランドが「MOTO(モト)」というレザーブランド。

これまで知らなかったブランドでしたが、HPや評判を見ているとかなりいい感じ。
革靴だけでなく、革小物も充実しています。

公式ホームページ↓

motostyle.jp

店舗も足の届く範囲にあったので、試着しに行って見ることに。

試着したら、買っちゃいますよね。

試着したのは、プレーントゥのバーガンディーカラーのコードバン。

バーガンディーっていうカラーがすごく好きなので、
コードバンで買うカラーはバーガンディーと決めていました。

こちら試着したときの写真。


試着した印象としては、ちょっとカジュアルだけど、概ね好印象。

即購入はしない主義なので、その場で買いたい檄的な衝動を抑えつつ、店員さんに検討する旨伝え、からがら必死に帰宅。

それから悩み続けること数週間...
消費税が上がる直前のタイミングで購入したのでした!

購入したモデルは試着したときと同じもの。
”CORDOVAN PLAIN TOE OXFORD SHOES #2100”というモデルです。

使い勝手が良いといことで、形はプレーントゥを選びました。色は勿論バーガンディー。
ホクホクの気持ちよ...

MOTOを選んだ決め手は。

価格!

決め手その1。

良い品の価格は高いことが多いが、安いこともあります。
MOTOの革靴はまさにそれを体現したような存在。

先述のALDENは12万とかでしたが、MOTOのコードバンはぼくが購入した当時は税抜き6万円台でした。
(残念ながら現在は値上がりしちゃったようです)

コードバンの革靴でこの価格?
それだけでなく、グッドイヤーウェルト製法というしっかりした製法でクオリティも保証されてる!

店員さんも仰っていたんですが、MOTOの革靴は皆さん安いと驚かれるそう。

ALDENみたいな海外の革靴は関税などの関係もあるので、そこは日本のブランドの強みですね。

しかしMOTOは日本のコードバンを作っている革靴ブランドの中で、自分が調べた中ではズバぬけて安かったです!
コスパという面では圧倒的だと感じます。

コードバンらしからぬマットな質感!

決め手その2。

冒頭話した通り、コードバンは特有の光沢があります。
これが革のダイヤモンドと呼ばれる所以なんでしょう。

ピッカピカも光沢も好きなんですけども、個人的にちょっとだけキザっぽいかなぁ、と思っておりました。
コーディネートで合わせるときにカジュアルなスタイルだとちょっと浮いてしまいそう、という理由もあります。

手入れ次第ではマットにすることも出来るかもしれませんが、もともとマットだったらいいかもなぁと考えておったのです。

そして、MOTOはこの要望を満たしてくれるものでした。

購入したばかりの画像で、見てわかる通りマットな質感

MOTOのコードバンはグレージングという艶を出す工程を省いているそうで、このマット感を表現しているとのこと。

でも、それだともし今後光沢を出したくなったとき困るんじゃないか、とも思われるかもしれませんがそこは大丈夫!

MOTOのお店にお願いすれば、光沢を出せるような加工をしてくれるそうです。
(一旦靴を預ける形にはなりますけども)

その時の気分によって質感を楽しめるのは、MOTOのコードバンならではですね。

履き皺が元々入ってる!

決め手その3。

革靴を履くうえで自分が気にするポイントの一つが、履き皺

靴は履いてると足を前に踏み込んだタイミングで曲がります。
革靴はその際に必ず皺ができちゃうんです。

新しい革靴を買って、最初の一歩を踏み込んだ時に変な皺が入ってしまうと、滅茶苦茶にテンションが下がります。
特に革靴は長く付き合うものだし、神経質男子にとっては死活問題。

革靴に興味無い人からすればなかなか理解してもらえなさそうな拘りかもしれませんが、好きな人からすると意外と見てるところなんですよ。
人によってはボールペンなどを使って、綺麗なシワになるように工夫したりするほど!

そしてコードバンの革の大きな特徴の一つに、波打ったような履き皺ができます。

これもコードバンを買おうと思った大きな理由の一つです。

そして、MOTOの革靴は履き皺を表現したようなウネリが最初から入っているんです。
他のブランドにはない特徴。まじで初めて見ました。

甲のところがちょっとボコボコとなってますよね?
まだ一度も履いてない状態でこうなってます。

実際に履いたときの皺もこのウネリに沿って作られるので、変な履きジワになることが無いです。

店員さんに伺ったところ、「安心して履いてもらえるように」こういった仕様になっているとのこと。

自分で履き皺を入れたいと言う人には微妙なポイントかもしれませんが、自分にとっては明確にメリットでした!

これまで履き皺で失敗してしまってストレスを感じることが多かったので、そのストレスが無いというのが本当に嬉しかったです...

他のコードバンに比べてお手入れが楽チン!

決め手その4。

コードバンは特別な革であるゆえ、求められるお手入れにも気を遣う必要があります。
専用のクリームなどのお手入れグッズも販売されているほど。

https://amzn.to/2LIwiyj

また、扱いもかなりデリケートで、特に水に濡れたりは厳禁。雨なんて以ての外。

ガシガシ履く、というのがなかなか難しい、結構神経質な革なんです...

しかし、その点MOTOは多少の雨であれば大丈夫と公式で謳っています。

さらに、推奨されるお手入れはクリームだけ、という手軽さ。
MOTOがオススメしているのは、ぼくも愛用してるコロニルのシュプリームクリームデラックスの無色のタイプ。
本当にこれだけでいいそうです。

www.nervous-memo.com

こんなに扱いが楽っていうのは、コードバン初心者にはうってつけですよね。
初めてのコードバンで不安を抱いていたぼくにとって、購入を後押しした大きなポイントでした!

店員さんが美人でした!

決め手その5。

納得の理由。

革靴を買う、ということは。

ぼくの中で革靴を買う上で意識している考えがあります。

それは、良い革靴を1足買うということは、同時に”年齢を重ねる楽しみが一つ増える”ということ。

普通は老いていくことが楽しみに感じるってなかなか難しいことですよね。
特にアラサーともなるとしみじみと実感。実感...

時間が経つとそこいらの物質は劣化していくのが普通ですよね。(人間も同じで)

でも、革靴は時間を重ねることで、独特の経年変化でその魅力を増します
(革靴に限らず、革製品全般の話)

そうやって老いていく悲しみを背負うと同時に、楽しみを与えてくれる稀有な存在
ああ、なんてドラマチックな話...
(コードバンの光沢よりもキザ)

そして、このMOTOのコードバンシューズもその楽しみの一つになってくれました。

Twitterで革靴のエイジングの記録を投稿していますの。
革の経年変化やエイジングに興味ある方は、是非フォローしてみてください。

以上。