画像編集アプリはコレを使ってブログ運営してます

スポンサーリンク

画像大量のファッションブログ

当ブログは一応ファッションブログ。

つまり、服のことを伝えることが活動方針です。

しっかり情報を伝えるには、
画像の掲載は欠かせません

写真は基本的にiPhoneで撮影しています。
(あとフリー素材サイトの画像)

しかし、撮影した写真をそのままブログに載せるのは実は色々と問題があるんですよね。

それを解決するには、
画像編集のアプリを使うのが必須。

画像編集は色々やることがあって、
結構色んなアプリを使ってたりします。

アプリでやってる作業は以下。

  • 画像を加工する
  • 写真の余計なものを消す
  • 画像を結合する
  • 画像を圧縮する
  • 画像に文字を入れる

そんなわけで今回は、

「目的ごとぼくが使っている画像編集アプリを紹介するよ」

という趣旨のお話です。

色味の調整・加工する

最近のスマホカメラの成長は目まぐるしいですよね。

最新のiphoneでは、
カメラの機能を推しまくりでした。

しかし、そんな高機能もぼくみたいなカメラ素人の前においては無力。
(威張れない)

撮影したそのままだと悲惨なので、
加工アプリは必須なんです。

ぼくの場合、画像の加工は次の二つで済ませています。

SnapSheed


SnapSheedはGoogleが開発した画像加工アプリ。

このアプリ、
とにかく多機能です。

大体のことはこれでできちゃいますね。

(画面に入り切ってないけど、他にもあります)

かなり多くの機能がありますが、
ぼくが使ってるのは主に以下だけ。

  • ホワイトバランス
  • 切り抜き
  • 画像調整
  • シミ除去(後述)

ホワイトバランスで
テキトーに色味調整して、

あとは画像調整で
テキトーに明るさとか上げて終わり。

ほぼ直感で編集しちゃってます。
(良く無いんだろうけど…)

また、他に便利な機能として、
編集した内容をプリセットとして保存できること。

いつも同じような加工をしている場合、
プリセットから呼び出すだけなのでかなりの時短になりますよ。

これで無料だとか。
大盤振る舞いにも程があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

なゔ(@navu_428)がシェアした投稿

Affinity Photo ipad

先日のiPad の記事でも紹介したアプリ。

ファッションブロガーがipad pro 2020を買った話
...

先述したSnapsheedはたしかに多機能なアプリでしたが、それはあくまでスマホアプリにしては、という範囲の話。

もっと本格的な画像加工となると、
さすがに限界がありそうです。
(例えば、オブジェクトの切り抜きとかはできない)

そこで購入したのがこのAffinityPhoto

ipad専用のアプリで、
約2400円とアプリにしてはなかなか高額。

そのかわり、
「画像加工で出来ないことは無いんじゃないか」
というくらいの高機能さ。

デザインで食べてる人も使ってるアプリですからね。
(それで2400円は安い気がする)

そこまでの機能性となると、さすがに素人のぼくがすぐ使いこなせる訳もなく
今はまだまだ勉強中。

このアプリを使いこなして、
当ブログのクオリティをどんどん向上させたいです。

余計なものを消す

写真撮ってると、
「余計なものが写りこんじゃった…」
なんてことはあるある。

再度撮り直し、ってのは非常に手間ですよね

ブログ用の撮影でこれが結構ストレスだったんですね。

しかし、最近のアプリは大層便利なもので。

余計なものを綺麗に消してくれるアプリがあるんです。

ぼくは次の二つを愛用中。

SnapSheed


「え、また?」

はい、またです。
やっぱりすごいアプリです。

消したいものが小さければ、
SnapSheedですぐに消せます。

使う機能はシミ除去という機能。

その名の通り、お肌のシミなどを消したり出来る機能。

しかし、ぼくはシミじゃないものを消すのに使ってます。

例えば、この画像。
よーくズームすると…

画質の問題で見え辛いですが、
ちょこちょこゴミが残ってます。

(神経質すぎない…?)

ゴミならまだ良いですけど、
これが変な毛だったら…
(インターネット活動において致命傷)

将来の名誉をこの1タップで守れるのです。

ただし、さすがに大きなオブジェクトは消せないですね。

「大きいものを消すのは諦めるしかないか…」

そんなあなたへ。
次のアプリがありますよ。

TouchRetouch


このアプリ凄過ぎます。

200円程度(2020/05/23時点)の有料アプリではありますが、
正直これでも安過ぎるくらい。

画像の中で消したいものを指でなぞるだけで消せちゃうんです。

かなり自然に消せてるんじゃないでしょうか。

何も言われなければまぁわからないレベル。
(よーく見たら影が不自然だったりしますが)

このアプリを見つけてから、
写真の撮り直しのストレスから開放されましたね。

スマホで写真を撮る方にはオススメしたいアプリです。

結合する

服の情報とかしっかり伝えようと思うと、大量の画像を使いたくなりがちなんですよね。

しかし、何も考えず画像を載せまくると、ちょっと見栄え悪い

そういうときは複数の画像を1枚にまとめるようにしています。

この記事とか多用してましたね。

DYLON(ダイロン)で色落ちしたYAECAのチノパンを染め直す
ヤエカのチノパンをダイロンで染めたら、とんでもない悲劇が起きました。

こんなときに使うアプリがこちらです。

レイアウト


Instagramが提供しているアプリ。
無料で広告なしです。

機能としては本当に単純で、
1枚にまとめたい画像を選んでエクスポートするだけ。

必要最低限でサクッと画像作れるところがお気に入り。

難点があるとすれば、
正方形にしか作れないこと。

instagramを想定してるからだと思うんですが…

横長にしたい時もあるので、
そう言う時は不便ですね。

有料アプリとか探せば絶対あると思うんですけど、このブログはほぼ正方形で画像作ってるので現状はまぁ満足です。

圧縮する

iPhoneで撮影した写真って、
そのままだと実はめちゃくちゃサイズでかいんです。

数MBという容量になってますからね…

これをそのままブログに載せようものなら、ページ表示がとにかく重くなっちゃいますね…

そのため、ブログ運営において
画像圧縮という作業は欠かせないんです。

WEBなどでも画像圧縮サービスはありますが、

JPGイメージをオンラインで圧縮する
JPEGイメージや写真を圧縮。ウェブ掲載・SNSでのシェア・Eメール添付を快適に。

アプリの方が手軽なので、
ぼくは次のアプリを使ってます。

画像圧縮


名前そのまんま。
無料のアプリです。(広告あり)

使い方が本当に単純で、
画像選んで、サイズ選んで終わり。

大体100KB以内のファイルサイズには治ります。

無駄な機能もなく手軽なので重宝してます。
(広告はありますがまぁ文句は言わず)

まぁ正直なところ、
「画像圧縮アプリ」で検索して出てきたのを使ってるだけですけどね…

でも、画像圧縮ってアプリによって
質が変わるとも思わないので…

もし質が変わるなら、
色々探してみるのもやぶさかではないですな。

文字を入れる

画像1枚で情報を伝えられるならそれに越したことはないのですが、
実際には画像の中に文字を入れたほうが良い場合も多くあります。

そのため、画像に文字を入れるアプリってのも必要ですね。

そういうアプリは結構存在しますが、
次のアプリがかなり秀逸でした。

Phonto


人気インスタグラマーもよく紹介している人気アプリ。

正直、画像の文字入れアプリなら
Phontoが一強くらいに思ってます。

このアプリの魅力はたくさんありますが…

  • 直感的で簡単な操作性
  • フォントの多様さ
  • 大抵のスタイルを作成可能
  • 画像も複数入れられる
  • 自分のテンプレートを作れる

主にはこんな感じ。

特にテンプレート作成できるのが嬉しい。
やはり時短になりますからね。


無料版は機能制限や広告表示はありますが、
どんなものか試すには良いですね。

使ってれば、すぐに有料版に上げたくなる便利さです。
(たしか200円くらいだった気がする…)

より良いインターネット

昨今のインターネットでは、画像の重要性が年々上がっているように感じます。

SNSやらブログやら…

Instagramみたいな画像メインのSNSがこんなに流行るなんて、おじさん夢にも思わなかった。

 

この投稿をInstagramで見る

 

なゔ(@navu_428)がシェアした投稿

今回ご紹介したアプリはまぁまぁ良いものが揃ってると思うので、皆様のインターネット活動をプラスにできるんじゃないかなーと思います。

良いツールを使って、
より良いインターネットライフを送りましょうね。

なゔ
なゔ

以上です。
ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました