2020年、シンプリストなアラサー神経質男子が欲しいもの。

スポンサーリンク

今年も買いまくる所存。

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

いよいよ2020年。

独身でこの年になると、元日に何の感慨も無くなります。
誰にも会わず、淡々とブログを更新するだけ…

寂しくはない。

欲しいものだらけで困っちゃうね。

一年の計は元旦にあり。

昔の人は良いことを仰る。
このタイミングでしか出来ないことなので、今年の計画を立てようと思います。

そんなわけで本題。
「今年ぼくが買いたいと思っているもの」

初っ端から煩悩まみれ。

昔の人に怒られそう。
でも仕方ないよね。それしか楽しみが無いんだもの。

ひたすら自分が買いたいものを綴るだけの自己満足記事。
2020年、ウォントバイ。(耳慣れない)

こんなおじさんもいるんだな、くらいの気持ちでお付き合いください。

 

ファッション編。

夏に自信を持って着られる服が欲しい。

ぼくは物凄いナルシストな自覚があります。
自分大好き。

しかし、そんなぼくも実を言うと人間。
嫌いな部分もあります。

それが体型のコンプレックスで、すっごいガリガリ。

身長179cmで体重は60kgないくらい。
ヤバイ。

でも、そんな悩みも普段はそれほど意識することはありません。

夏を除いては。

夏は薄着になることもあり、体型が前面に出てしまう。
半袖でほっそい腕を露出することになるので、夏は嫌いです…

そのコンプレックスから、わざわざハーフスリーブの服を探すほど。

ただ、幸いなのがオーバーサイズが最近の流行りなこと。
半袖でもオーバーサイズのものを選べば、二の腕を隠すことで結構ガリガリを目立たなくさせられます。


なんか青白いし。

ということで、夏に自信を持って着られる服が欲しい!

夏は嫌いですが、こうやって欲しい服を考えるのはすごく楽しいです。
ファッションはしっかり考えれば、コンプレックスも克服できるから好きだな。

新しい小さい財布が欲しい

財布は小さいタイプが好き

特に最近は支払いをApple Payでしかやってないので、財布出すこと自体激減。
ポイントカードなどの類もなるべく持たないようにしているので、大きい財布はどうしても邪魔になります。

以前はミニマリスト御用達のブランド、アブラサスの小さい財布を使ってました。


https://amzn.to/368rvOD

結構気に入って使っていたんですが、4年目くらいのタイミングでスナップ部分が壊れてしまった…
修理も考えましたが、気分を変えたいということで新しいものを探すことに。

そこで購入したのが、今使っているchamotoというブランドの財布。

この投稿をInstagramで見る

chamoto(@chamoto)がシェアした投稿

オリジナルの革小物を販売してるブランドです。

あまり聞かないブランドですが、どこで見つけたかハッキリと覚えてないです。
小さいサイズの財布をネットで探しまくってた時にたまたま見つけたはず。

見た目の可愛さが決定打、公式通販で購入。
革の質感も良くて、買った当時は割と満足でした。

しかし、実際に使っている内に不満点が…

それは、小銭入れが使い辛いこと。

カードを入れていると小銭入れ部分を広げることができず、中が非常に見にくい。
キャッシュカードぐらいは1枚は持っておきたいし…

いくらキャッシュレス社会とはいえ、現金が必要になる場面はどうしてもあります。
もちろん小銭も必要なので、小銭の取り出しやすさは割と重要。

かと言って、コインケースを別で持つということは絶対にしたくない。
小さい財布を使っていて持ち物を増やすのは本末転倒ですよね。


https://amzn.to/2SCEIeF

我慢しながらこちらの財布を使って約2年。
そろそろ新調しても自分を納得させられる時期なので、今年は財布を新しくしたい!

革靴編。

黒いプレーントゥの革靴が欲しい。

この投稿をInstagramで見る

forme(@forme_official)がシェアした投稿

オンオフ兼用で履ける革靴の形は色々ありますが、その代表的な形がプレーントゥ。

つま先の丸みが特徴で、アッパー部分に装飾もない、シンプルな形。
メンズファッションにおいてもて鉄板アイテム。

しかし、そんな鉄板アイテムのプレーントゥを、実は今持ってないんです。

もちろん過去に色々試してはきました。
しかし、どこか納得いかない部分が多く、手放してきてしまったんです….

今年こそは、ということで1足必ず買おうと思っています。
色は使いやすさからブラック希望。

買うブランドの目星はついてるので、あとはサイズが合うかどうかだけです…

ブラウンカラーの靴が欲しい。


https://amzn.to/2MEQlOF

靴の色は、その使いやすさからどうしても黒い色を選んでしまいがち
現状、靴箱は黒で溢れてしまっております。

ファッションにおける自分のマイブームとしてブラウン系の色がちょっとしたマイブーム

靴もブラウンで合わせてワントーンコーデとかしてみたい。
しかし、靴箱を改めてみるとい、ブラウン系の靴がほとんど無い

あるにはあるけど、ちょっと合わせるのが難しいやつ。
お気に入りの1足であるのは間違いないけども。

今年は万能なブラウン系の靴も一足欲しいなーとか考えてます。

これについてはブランドの目星が全く付いてないので、探しまくることになりそう。
でも、そうやって新しいブランドを探したりするのもすごく楽しみです。

暮らし編。

シンプルなデスクが欲しい。

現状は無印のパイン材デスクを使っています。

引き出しもついてて、使い勝手の面では特に問題ありません。
しかし、ちょっと見た目が野暮ったいのだけ不満でした。

自称インスタグラマー見習いお洒落おじさんとしては、もう少しスマートなデスクが欲しいなー、と常々思っております。

  • 鉄脚でスマート。
  • 木材デスク。安っぽくない。
  • 折り畳みなどできれば最高。
この投稿をInstagramで見る

金物家具のかなでもの(@kanademono.furniture)がシェアした投稿

こんな条件で色々探しています。

ネットを漁りまくってますが、意外とアウトドア系ブランドが合うかも?と模索中。


https://amzn.to/358adjA

家具は長い付き合いになるアイテム。
今のものが壊れてるわけでもないし、じっくり色々調べて、納得できるデスクを見つけたい。

ガジェット編。

ipad proが欲しい。

タブレット界の金字塔とも呼ぶべき存在、ipad。
2018年11月にベゼルレスでデザインが刷新されたProモデルが発売されました。

当時の自分もかなり関心を持っていたんですが、イマイチ用途が思い浮かばず。
購入を見送ったのでした。

しかし今現在。

ブログやTwitterでの活動を始めたことで、色々挑戦してみたいなーと思ってることがあります。
画像編集だったり、軽い動画編集だったり。
iphoneでもできるんですが、ちょっと物足りないと感じる場面が多い。

そこでipadの出番。

画面の広さやアプリの幅から、自分の生活にipadの居場所がありそうで、めちゃくちゃ欲しい…

2019年の後半に発売されるかも?という噂もあったんですが、結局発売されず。
ガジェット系メディアをチェックしてると、2020年春発売とか、秋発売とか色々噂がありますね。

www.gizmodo.jp

Apple製品に関しては発売前から色んな噂が飛び交うのが恒例。
信者としては噂に踊らされるのも楽しいものです。

今年は確実に出ると思うので、踊りながらipad proの発売を待とうかなーと思います。

Airpods Proが欲しい。

www.gizmodo.jp

2019年10月末に突如発売されたAirpods Pro。

新発売のApple製品の例に漏れず、多くののYoutuberやブロガーの方がこぞって商品レビューされていました。

その評価は、もはや絶賛の嵐。

対抗馬の機種との比較でも、ノイズキャンセルや外部音取り込みの性能に驚嘆の声が止みませんでした。

こんなの、欲しくなるに決まってる!(怒)

Airpodsは既に持っていて、家にいる時は常に着用しています。
生活の一部を通り越して、もはや体の一部。

職場でもAirpodsを着けてる感覚に襲われ、慌てて耳を確認するほど。95%着いてない。

ノイズキャンセリングは本当に魅力的に感じてます。
家にいるときでも、外から聞こえてくる声やサイレンなど、雑音って意外とありますから。

また、カナル型なのも嬉しいポイント。
もともとカナル型愛好家で、Airpods無印のようなオープンイヤー型はあまり好みじゃなかったので。

まだAirpodsが現役で使えるので購入を見送っていましたが、AirpodsProは購入すること確実です。

その人気ゆえ、在庫薄で手元に届くまでに時間がかかるので、今すぐにでもポチりたい衝動に耐えながら、機を伺っております…

アラサー独身男性の物欲。

今年も欲しいものいっぱいだなぁ(他人事)。

しかし、これまで挙げたものはぼくの物欲のほんの一部。
「確実に買うだろう」なものばかりで、欲しいものなんてまだまだございます。

ご存知ないかもしれませんが、実は独身アラサーおじさんの欲望って尽きることないんですね。

この正月休みなんて、セールの真っ只中。
あまり外出はしないつもりだけど、ちょっと街をぶらぶら、くらいはするつもり。

shibuya.parco.jp

そのときに、どれだけの出会いと衝動があるのか。
楽しみもありつつ、恐怖に慄く自分もいる…

今年は、仕事も、頑張ります…(抱負)

以上。

コメント