無印良品の麻(リネン)素材の寝具が、1年中快適でオススメでした

スポンサーリンク

最高の寝具の素材

快適な睡眠が欲しい。

会社と家を往復する生活での、
切なる願いでした。

起きている間はストレスが溜まるだけ…

せめて寝ている間は、
快適に過ごしていたい…
(悲し過ぎる)

そのためには当然、
寝具周りを見直す必要もありますね。

そこでぼくがまず注目したのが、寝具の素材

そして見つけた素材が"麻"だったのです。

そんなわけで今回は、

「約1年使ってみて、寝具の素材の正解は麻(リネン)でした」

という趣旨のお話です。


 

麻の特徴

麻(リネン)といえば、
夏のイメージが強い素材。

そんな麻にはどんな特徴があるのか。

まずは、それを簡単に伝えておくことにします。

麻(リネン)の特徴
  • ザラッと硬い質感
  • 通気性が良い
  • 吸水吸湿性に優れる
  • 丈夫でお手入れも楽チン
  • 使い込むほど柔らかくなる
  • 高い熱伝導率で、熱を吸い取る
  • 皺になりやすい

これだけでも、麻という素材が優秀であることは伝わりそうですね。
しかし、寝具としてはどうなんでしょうか?

表題の通り、実際に1年間使ってみました。
その感想をこれからお伝えしますね。

麻がオススメだった理由

実際に使ってみた結論としては…

メチャクチャ快適でした。

デメリットはほとんど感じないほど。

そんな麻という素材を寝具にしてみて、ぼくが特に魅力に感じた点を挙げてみます。

夏が快適だった

麻と言えば夏。夏と言えば麻。

麻特有のサラッとした質感…
吸湿放水性…
肌離れの良さ…

夏における麻という素材は、
何者にも変え難い魅力があります。

寝具を麻に変えたことで、
当然のように夏を快適に過ごせました。
(特に、ここ数年の猛暑は異常ですし…)

天然素材でありながら、肌に触れた瞬間のヒンヤリとした心地良さ。

ぼくの夏には、麻が必須になりました。

冬でも快適だった

一転して、季節は冬。

気温が真逆になり…
衣替えなんかもしなきゃいけない…

冬用のモコモコ寝具が恋しくなります。


DACANS(ダカンス)掛け布団カバー あったか マイクロファイバー

こういうモコモコな布団、涎出るくらい気持ちいいですよね…

でも、そんな冬にも、
ぼくは麻の寝具で過ごしました。

「寒そう…」

そう思う方も多いはず。

しかしなんと…
これがポカポカで暖かい。

普通に冬を越せてしまったのです。
(しかも、就寝時に暖房も点けず)

それもそのはず。

実は、麻は保温性にも優れている素材なんです。

夏は涼しくて、冬は暖かい。

「いや、そんな完璧な素材ある?」

実際に体感しているにも関わらず、
疑心暗鬼になったところで検索。


リンクはしない

調べてみてわかったことを、要点で纏めてみました。

麻はなぜ冬あたたかい?
  • リネンの繊維は空洞がある
  • その空洞に空気を含んでいる
  • 空気は断熱性が高く、暖かさを閉じ込める
  • だから、麻の内側は暖かい
  • 「じゃあ夏も暑いんじゃ?」と思うが、それは汗が大きく関係してる
  • 汗を大量にかく夏は、繊維の空洞に水分がたまる
  • 他の素材はこの水分が溜まって不快になる
  • 麻は水分の発散生も高いので、水分を放出してくれて快適に感じる

これが、夏は涼しくて冬は暖かい理由です。

やっぱり、麻は一年中使える完璧素材でしたね。

人類最古の繊維とも言われて、愛され続けてきたのも納得。

寝具を減らせた

布団カバーを麻に変えたことで、
意外なメリットがありました。

それが、寝具を減らせたこと。

どういうことかというと。

これまでは、夏用の寝具としてタオルケットを使用しておりました。

タオルケット シングルサイズ 140×190cm 綿100%

しかし、購入した麻の布団カバーを見て思ったのは…

「これだけで夏過ごせるんじゃね?」


夏スタイル。

実際、このように掛け布団カバーだけで事足りたのでした。

しかも冷んやり快適。

コットンやポリエステルだと暑いので、こうはいかなかった。

こうして、タオルケットの断活に成功したのです。

一応シンプリストを自称するぼく。
モノはなるべく少ない方が良いと思っています。

寝具を減らせたことは、
大きなメリットなのでした。 

見た目に高級感がある

お次は見た目に関するお話。

布団カバー等の素材は綿(コットン)やポリエステルであることがほとんど。

そのルックスはと言えば、
まぁ普通。

良く言えば日常に馴染む素材。
ただ、特別感は無いですよね。

じゃあ、麻はどうなんでしょう。


キレイ…

固めでシワっぽく見える質感は、日常感とは少し異なった見え方ではないでしょうか。

日を浴びたなら、
キラキラして高級感を感じます。(主観)

一人暮らしでは、ベッドは部屋の大部分を占めます。

そんなベッドの見た目が良いと、テンション上がりますよね。

自分の部屋に帰って、真っ先に目に入るモノが自分のお気に入り。

ちょっとした幸せです。


 

無印良品を使ってます

ぼくが購入したのは、
無印良品の麻寝具。

価格はシングルサイズで¥6,000近くと、無印良品の寝具の中では少しお高めな価格設定ですよね。

しかし、これまで語ってきた通り、麻の寝具は他素材との価格差を考えてもお釣りが来るほどの快適さなんです。

細かいポイントとしては、羽毛布団に結ぶ箇所がスナップボタンになっていたり。

着脱が楽なので、地味に嬉しいポイントなんですな。
無印良品ってこういう、地味~なところで気が利いてる商品多いですよね。

また、羽毛布団を入れるのが下から入れる仕様なのはちょっと驚きました。

見た目、
触り心地、
睡眠の快適さ、
コストパフォーマンス…

寝具ではこれ以上ない、完璧な商品だと思っています。

イケアとかでもあるみたい。

ちなみに、麻素材の布団は無印以外でも発売しています。

ニトリや、

www.nitori-net.jp

イケアでも。

www.ikea.com

意外とどこにでもあるんです。

ただ、麻の寝具ってことで一括りにしたものの、やっぱり細かいポイントではメーカー毎に異なります。

それぞれ触れてみて、好みの麻寝具を見つけるのも良いですね。

麻って、良いね…

そもそも、ぼくがなぜ麻という素材に行き着いたか。
それは、とある記事を見かけたのがきっかけでした。

それがこちら↓

www.roomie.jp

この記事、なんかすげー好きなんですよね…

睡眠への強い拘りが全面に出ていて、好きなことを語る熱さが伝わってくる。

また、記事全体から夜のゆったりした空気感が溢れてて、読んでるこちらも心が暖かくなるような。

結構前の記事ですが、
今でもたまに読みたくなる記事です。

この記事をきっかけに、
麻の寝具を揃えてみることにしたのでした。

麻の魅力の虜…

もともと、ぼくはコットンという素材を信奉していました。

今回この記事を出すにあたり、改めて麻という素材について調べていたのですが…

改めて、麻(リネン)の魅力の虜になったのでした…

寝具は麻に変えたものの、思えば、
リネンの服ってそういえば持っていない。

そんなわけで、服でも麻(リネン)のアイテムが欲しくなってきたのでした…

この投稿をInstagramで見る

CONFECT(@nest_robe_confect)がシェアした投稿

特に、夏に履けるパンツには、毎年困っているもので…
2020年の夏は、リネンのパンツを是非探したい!ですね。

なゔ
なゔ

以上です。
ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました