3年間、ブログを続けられた理由

ブログ3年続けられた理由記事のアイキャッチ画像
目次

右下のボタン()で目次まで戻れます

いつの間にか3年経ってた

2019年の10月にブログを開設してから、なんと3年もの時間が経過していました。

かなり長い時間に思えますが、個人的にはあっという間に感じましたね〜。

昨今の副業ブームに伴い、新しいブログが立ち上がっては更新がストップする、という流れを頻繁に見てきましたが。。

そんな中、本業もこなしながらペースを崩さずに更新し続けられたという事実は、大きな自信につながりました。

「…ちょっとくらい自慢してもいいのでは?」ということで(?)今回は、"ぼくがブログを続けるために大切にしている心構え"など語ってみようと思います。

ブログ、楽しすぎる

結局、「ブログが楽しかった」の1点に尽きるかなと。

当然なんですけど、専業でもない限りブログなんて絶対書かなきゃいけないものではありません。

更新をやめれば生活が破綻するわけでもなし、誰かに怒られるわけでもなし。
特に始めたては、更新を望んでる人も読んでくれる人も、この世に存在していなかったでしょう。

そんな中、苦しみながらブログを続けるなんて到底不可能

だからぼくは、ブログを続けるためには"楽しむこと"が何よりも重要だと思っています。

楽しみにさえなっちゃえば、自然とブログを書く習慣は身に付きますし。
「続ける」なんて意識すらなくなります。(実際ぼくはそうなってる)

  • 「次はどんな記事を書こうか」
  • 「あの記事リライトしたいな」
  • 「記事の構成はどうしようか?」
  • 「デザインも少し変えてみようかな」

マジで四六時中こんなことを考える生活です。

もはや今のぼくにとってブログは最大の趣味であり、生き甲斐。
ブログを書かない生活ってのはちょっと考えられないくらい。

そんなぼくにとって、3年なんていう時間はやっぱりあっという間でした。

楽しむための3つの心構え

…しかしこれだけだと、「ブログ楽し〜!!」だけで内容が終わってしまいますので、「じゃあ、なんでぼくはブログを楽しめたんだろう?」ってのを改めて考えてみました。

すると、次に挙げる3つの心構えがポイントだったかな、と思っています。

1.改善しようとし続けた

ブログに限らず、改善のマインドを持ち続けるってのはメチャクチャ重要。

「良くしよう」っていう考えがないと、ずっとその場で足踏みするだけで、ただただ苦しくなっていく一方かと。

  • どうしたら記事を書く時間を短くできるか?
  • どうしたらブログのための時間を捻出できるか?
  • どうしたら記事が読みやすくなるか?
  • どうしたら1記事でも多く読んでもらえるか?
  • どうしたら再訪したくなるブログになるか?

など、それぞれに対して「なぜ?」「どうして?」「どうすればいい?」などを自分の頭で必死に考え、トライ&エラーを繰り返す。

そうしていく内に、ブログを書くのがラクになりますし、成功したときは脳汁ドバドバ。

小さな成功体験の積み重ね&作業に取っ付きやすくなるの好循環で、ブログがどんどん楽しくなっていったんですね。

"改善"って聞くと大袈裟に聞こえるかもですが、別にそんな大したことでもなくて。

  • テキストツールを変えてみる
  • ソフトにお金をかけてみる
  • いいマウスやキーボードを買ってみる
  • タイピング精度を上げる
  • 新しいリンクを置いてみる
  • CSSを1個追加してみる
  • 他の人のブログを参考にしてみる
  • ブログツールの使い方を調べる

パッと思いつくものを例として挙げてみました。すぐ実行に移せそうなことも多そう。

改善できることは無限にありますので、ちょっとしたことでも「思いついたら何でも試す!調べる!」の精神です。

2.期待しなかった

しかしいくら改善を続けても、うまくいかないときは全くうまくいきません

ただそこで過度な期待をしていなかったのは功を奏したかなーと。

  • 〜ヶ月間続けたから稼げるはず
  • 頑張って書いたんだから読んでもらえるはず
  • いいねやコメントがもらえるはず
  • インフルエンサーを真似ればうまくいくはず

ブログやSNSを続けているとこんなことを考えがちなんですけど、そうならなかったときに不安やストレスになるんですよね…

しかしぼくの場合は、「まぁこんなもんだろ」って感じで考えてます。

数ヶ月、休日返上で記事を書いて初収益3円。
SNSフォロワーは全く増えない。
Googleアップデートで順位は下がり続ける。

それでも全部、「こんなもんだろ」と。
なるべく、「結果」にも「人」にも期待しないようにしています。

唯一期待するとすれば、「自分」だけです。

3.期待に応えなかった

周囲への期待だけじゃなく、周囲からの期待に応えないことも心に留めています。WEBマーケターの方が聞くと白目剥いて卒倒しそう。

もちろん期待してもらえるなら、それは非常にありがたいことなんですけどね。

でもいつの間にかそれがプレッシャーになって、応えようとするあまり「疲れちゃった…」なんてことになりかねません。

  • 読者が求める記事にしなきゃ…
  • もっとウケる企画を考えなきゃ…
  • コメントには絶対返さなきゃ…
  • 更新が途絶えると読者が離れちゃう…

耐えれる方もいるんでしょうけど、少なくともぼくには絶対無理だと判断しました。

具体的な例として、ぼくのSNSフォロワーの属性的に一番求められてたのはファッション系の記事だったのは実感してたんですが、、

ブログを続ける中で、「ファッション系だけで発信し続けるのは厳しい」という考えに至りまして。それに応えると自分が潰れちゃうな、と。

無理はよくないので、ファッション以外にも"ひたすら自分の好きなことを書く"という今の雑記スタイルに落ち着いた次第です。

そんな自分が大好きだ

これまでの内容をまとめると、

  • 自分の好きなように書き続けるよ
  • 読まれなくても、「こんなもん」だと割り切るよ
  • でも、良いブログにするための努力はし続けるよ

ってのが、ぼくのブロガーとしてのスタンス
今ではストレス皆無でブログを楽しめています。

このどれか一つでも欠けてたら、とっくの昔に更新は止まってたんじゃないかな。

「こんなもん」だけでは、ただの諦め。
改善だけ続けて、過度に期待してたら不安&ストレス。
期待に応えるだけでも、いつか疲れて潰れちゃう。

もしかしたら、すごく自分本位でドライな人間に思われるかもしれませんが…笑

そんな人間だからこそブログを続けられたと思うし、そんな自分が大好きだったりします。

あ、もしかしたら"自分が好き"ってのも、ブログを続けるうえで重要かもですね。

もちろん、人それぞれ

以上、「ぼくがブログを続けられた理由」を語ってきましたが、
これが絶対に正解だとは思っていないってのは伝えておきたいです。

性格や環境、価値観、ブログをやる理由など、人によって全て異なりますから。

そもそも、何かを辞めるってこと自体が悪いとも思いません

ブログなんて手段の一つにしか過ぎないですし、辞めることが目的達成の近道であればさっさと見切りをつけた方がいいでしょう。

しかし、辞めてばかりを繰り返していては何も成し遂げられないし、いつか継続が必要になるはずなので、その際に「どうやったら続けられるか?」を考える参考にでもなればと思います。

あと最後に補足として、このブログは最近ほとんど伸びていないってのは付け加えておきます。つまり今回の内容の説得力とかどう捉えるかなどは、その人次第ってことで。笑

まぁそれでも、ぼくは今後も自分が良いと思うように楽しみながら書き続けていくつもりです。

NV

以上です。
ご覧いただきありがとうございました。
よければ他の記事もあわせてご覧ください。

目次