Kaptain Sunshineのセットアップを購入しました【20AW】

目次

購入してました

気付けばもう12月。
今年も残るところ1ヶ月切っちゃいましたね。(早い)

2020AWも落ち着いて、既に春夏のアイテムに心馳せてる方も多いんじゃないでしょうか。

もうそんな時期になっちゃいましたが、2020AWで購入してまだ記事にできていなかったものがあります。

しかも、セットアップという結構大きなお買い物。

そんな訳で今回は、20AWの購入品『Kaptain Sunshine』のセットアップをご紹介していきます。

Kaptain Sunshineというブランド

Kaptain Sunshineは、デザイナー児島晋輔氏が手掛ける日本のファッションブランド。元々ファッション誌の編集をされていた方だそうですね。

ブランドコンセプトは「旅に連れ出したくなる一着」。

ブランドの特徴をざっくり挙げちゃうと以下。

  • 徹底した素材へのこだわり
  • 古くからのトラディショナルウェアをソースに、現代風に解釈したデザイン
  • ワーク・ミリタリーのエッセンスを取り入れながら、日常に取り込めるカジュアルウェアの提案

こういったブランド背景を聞くと、最近流行りのドメブラと通じる点も多そうですね。

しかし個人的な印象としては、Kaptain Sunshineはワーク・ミリタリーの無骨さをより感じる服が多いように思います。不思議と他のブランドとは違う雰囲気があるんですよね。

そういった点で、日常でガシガシと着られるような「旅に連れ出したくなる服」が表現されているのかなー、いうのが個人の印象でした。

PinPlaid セットアップについて

今回購入したのは、ウールアルパカの共生地セットアップ。20AWシーズンのものです。

アルパカをブレンドした梳毛糸を使った、起毛感のあるライトツイード生地。

意外と柔らかくて動きやすい生地になってます。

柄は細かいブラウンのチェック。

Pin Plaidというカラー表記の細かい格子柄です。(ガンクラブとかハウンドトゥースとかとはちょっと違う?)

引きで見ると年配の方が着るような雰囲気もありそうですが、それもこのブランドの特徴かと思います。

分かる方にしか伝わらなそうですが、Kaptain Sunshineって新宿伊勢丹メンズ館だと7階に置いてあるブランドなんですよね。

※新宿伊勢丹メンズ館の7階は、BrooksBrothersなどが置いてあるちょっと大人なブランドのオーセンティックフロア。6階がMARKAWREとかAURALEEとか今っぽいドメブラのコンテンポラリーフロアです。

言い換えれば、年齢を重ねてもカッコよく着られそうなデザインになってると思います。

とはいえ、シルエットなどのデザイン部分で今っぽい雰囲気があるのもさすがのKaptain Sunshineですね。

ジャケット

ジャケットとパンツ、それぞれのアイテムについて見ていきます。

まずはジャケット。

179cm60kgでサイズ38を購入しました。

詳細なサイズは以下。

着丈 身幅 裄丈
サイズ38 72cm 64cm 86cm

少し着丈が長く、全体的にリラックス感があるサイズ感。
ウールの秋冬ライトアウターくらいの厚みで使いやすそう。

商品名はハリントンジャケット。
「Baracuta(バラクータ)」のG9ジャケットで有名な形だそうな。

特徴的なのが、犬の耳っぽい見た目からネーミングされたドッグイヤーカラー。

折り返して着用しても良し。

立てればスタンドカラーっぽい見た目になります。

その他、細かい点も。

ハリントンジャケットらしいフラップポケット。

裏地はキュプラとコットンで滑りが良い生地です。

裾にはアジャスターが付いて絞りを調節できます。

地味ですが、ダブルジップなのが嬉しいですね。

パンツ

パンツはノープリーツのイージー仕様のスラックス。

サイズは32を購入。

詳細なサイズは以下。

ウエスト レングス 腿幅 裾幅
サイズ32 81cm 73cm 32cm 19cm

いつもタック入のパンツを買ってるので、この形は自分の中では珍しい気がします。

紐で縛るイージー仕様のパンツも今のワードローブでは初。

正直、このセットアップを購入した目的はパンツの方でしたね。

暗くなりがちな秋冬のメンズコーデだと適度なアクセントになるチェックのパンツは非常に重宝すると思うんです。

その点、このKaptain Sunshineのパンツはチェックが細かくてやり過ぎ感が出ないのが好印象。

ガッツリとしたチェックだと浮いちゃって扱いが難しいんですけど、これなら気にせず着用できそうなので。

また、シルエットの良さも見逃せない点。

「Kaptain Sunshineはパンツの綺麗さにも定評がある」というのが店員さん談。
それには実際着た身としても頷けます。(着画は後ほど)

ちょっぴり残念だったのは「ベルトループがあればもっと良かったかなー」という点。

まあイージー仕様なので紐で縛れるし、秋冬パンツだとタックインの着方もしないだろうし、と判断して「まぁいっか」という感じ。

今後の秋冬は非常に出番が多くなりそうなパンツです。

着画

実際に着てみた様子をお伝えします。
179cm60kgが来ました。

ジャケット

前後の視点。

ジップを閉めて首元を開閉してみました。

どちらでも良い感じ。

コートとの重ね着もできそうでした。

パンツ

前後左右で見てみます。

GIFで回ります。

やっぱりシルエット綺麗。
惚れ惚れします。

セットアップ

前後左右で。

GIFで回ります。

柄モノのセットアップって難易度高いと思うんですが、Kaptain Sunshineは主張し過ぎないチェック柄なので、意外と気軽に上下着用できそう。

また、どちらも形が綺麗なので、何も考えずに着られるのも嬉しいですね。

来年以降も寒い時期にはヘビロテしてそうな予感です。

購入経緯

正直、店頭でほぼ一目惚れでした。

こういうブラウンのチェック柄の服がずっと欲しかったってのもありますけども。

今季だとTEXTのジャケットも良かったんですが、そっちはジャケット単体で10万円超え…(その分質は良かったのですが)

昨年にはmarkaも検討しましたが、なんかしっくり来ず。

しかし、今年のKaptain Sunshineのセットアップは良い感じでしたね。

店頭で「ん?」
着てみて「お!」

その場で購入はしなかったものの、暫くはこのセットアップで頭が一杯になりました。

ついこの前まで「コーデュロイのセットアップが欲しいな〜」なんて言ってたんですが、今年はウールのセットアップになっちゃいましたね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

なゔ(@navu_428)がシェアした投稿

一応こちらのセットアップはまだ在庫残ってるっぽいし、もしかしたらセールに掛かるかもしれないですね。(2020/12/06時点)

実は、同じ生地が使われたリバーシブルコートなどの展開もありまして。


出典:https://www.diverse-web.com/products/detail220404.html

気になった方はチェックして頂ければと思います。

目次
閉じる