IPSAの化粧水と乳液を買ったら、まさかの結果になった話

スポンサーリンク

クチコミ最強スキンケア、ipsa

毎日スキンケアを嗜むメンズとして、どうしても興味を惹かれるブランドがありました。

それが、ipsa(イプサ)というスキンケアシリーズ。

ipsaのスキンケアシリーズに興味津々

愛用者が多くSNSなど至るところで見かけるのに、悪い評判を全く聞かず。
資生堂のグループということで信頼性も抜群。

こう聞いていると、「これ、完璧な化粧水なのでは?」とすら思えちゃってきました。

まぁ、要するに。

ipsaのタイムRアクアとME(エムイー)の5番を購入してきました。

今回はこちらについて、正直な感想をお伝えします。

店舗で肌診断してもらいました

まず世間で大好評の化粧水、「ipsa タイムRアクア」はネットで先に購入しちゃいました。

イプサの化粧水はネットで先に購入

ただ、ぼくは化粧水だけでなく乳液も使ってまして、「同じブランドで揃えたいなぁ」となんとなく思っていたので、乳液もipsaで購入することに。

しかし、そこでちょっと困った問題が発覚。

ipsaではME(エムイー)という商品が乳液にあたるんですが、なんか1〜8番まで種類がある…
しかもそれぞれテクスチャや合う肌質が異なるみたい。

 

この投稿をInstagramで見る

 

IPSA Japan(@ipsa_jp)がシェアした投稿

一応選ぶ基準はありますが、「それが本当に肌に合ってるのか?」は自分だけでは判断できず。

安い買い物でもないので失敗はしたくないし、どうしたものかと悩みましたが…

こうなったら店舗に直接行って相談しよう、と。

おじさん一人でipsaのようなオシャレコスメフロアに行くのはハードルが高かったですが、勇気を出すことにしたのです。

肌診断とその結果

ぼくが伺ったのは、渋谷PARCOの1階にある店舗。(※緊急事態宣言前に行きました)


出典:https://shibuya.parco.jp/shop/detail/?cd=025800

入り口に仕切りも無くフラッと入れる感じだったので、割とすんなり入店。
そして商品の前で悩んでるふりして「声掛けてくれ」感を演出しながら店員さんをチラチラ。

すると相手はさすがのプロ、
「何かお探しですか?」とすぐにお声掛けいただきました。

MEでどの番号を選べばいいかわからない旨伝えると、意外な答えが。

「では、実際にお肌の状態を見てからオススメを提案しますね」

えっ、肌診断?

ipsaでは肌の状態を実際に見てくれるそうな。
そこまでしてもらうとは全く頭に無かったので少し躊躇いましたが、良い機会なのでお願いすることにしました。

事前の予約など無しでもOKみたいですが、順番待ちは必要なようで、整理券をもらって数十分後にまた訪れることに。

ipsaの整理券

渋谷PARCOには様々な店舗が入ってるので時間潰しには苦労せず。
その後、店舗に再度訪れて整理券を渡し、席まで案内されました。

カウンセリングには会員登録が必要だそうで、QRコードからメールアドレスを送り、氏名住所電話番号などの個人情報を入力。

その場でやると結構時間かかったので、事前に登録しておく方が効率いいと思います。

その後、タブレットを使って自身のお肌の悩みをチェックリスト形式で選択。

実際のお肌の状態を見れば必要なさそうに思えますが、自身の悩みと照らし合わせて、より正確なデータを取る為だそうな。

自分は以下のような感じでチェック。

セルフカウンセリングのチェック項目

あとは生活習慣、普段のスキンケアなど聞かれました。

で、自己申告の結果は『脂っぽいのにカサつく肌』とのこと。
いわゆる混合肌ってやつです。

セルフカウンセリングの結果

なるほど、そう言われると心当たりアリ。

しかしこれはあくまで自己申告の結果なので、肌診断の結果も見てみないとわかりません。

というわけで機械を肌にピッとあてて、皮脂量や水分量を診てもらいました。

そして、その結果…

肌診断の結果

これがリアル診断結果。
結構ショックでしたね。。

特に水分量の低さは意外。
診断してもらったのが夜遅い時間だったのもありそうですが、普段から毎日欠かさず化粧水&乳液をしているのに。。

以前グリセリンフリースキンケアに変えたのがダメだったのかなー、とか考えちゃったり。

また、自分は「軽いオイリー肌」くらいに思ってたんですが、この結果を見るとなかなかのオイリー具合。(正常な値は50%らしい)

こんなにインナードライ肌だった自覚は無かったので、やはりスキンケアを見直す必要があるかもしれません。

その結果、オススメは

「ぼくのお肌を助けてください…」って感じで店員さんにオススメを聞いた結果…

MEの1番、もしくは5番とのことでした。

MEの5番と1番のサンプル

1番はMEの中で最もサラサラでほぼ化粧水らしいので、乾燥する季節ということもありしっとり目の5番を購入。(1はサンプルをいただけました)

他に洗顔・美容液・日焼け止めもオススメされましたが、それらはもう使っているものがあるので一旦パス。

ちなみに、セルフカウンセリングであれば、実店舗に行かずともオンラインですぐに診断可能です。

実際に肌を見てもらうわけではないので客観的な信頼性は少し欠けますが、手軽に試せるので是非。

ザ・タイムRアクアについて

ここからは購入した商品について、詳しくご説明します。

まずは、世間でも大人気の化粧水、『ザ・タイムR(リセット)アクア』。

ipsa ザタイムRアクア

ipsaといえばコレを思い浮かべる人も多いはず。
化粧水のランキングでも上位常連ですからね。

ザ・タイムRアクアの効果

ザ・タイムRアクアは、化粧水では珍しく医薬部外品。

ipsaの化粧水は医薬部外品

具体的にどんな効果があるのかっていうと、レビューで目立った評価は以下2点でした。

  • 保湿効果
  • ニキビ予防効果

特に保湿効果はこの商品で強くアピールされているポイント。

普通の化粧水がただ水分を肌に馴染ませるイメージだとするなら、ザタイムRアクアは「アクアプレゼンターⅢ」という独自技術によって、馴染ませた水分の上に膜を張って水分を抱え込んでくれるんです。

これによって潤った肌を保ち続けられるというメカニズムだそうな。

また、ニキビへの効果もすごいらしく、「これに変えたらニキビが消えた!」という声も多く見られました。

乾燥やニキビにお悩みの方には特に良さそうな化粧水ですね。

しかし、店員さんによるとどんな肌質の方でも使えてしまうそうな。
これだけ人気があるのも頷けます。

ザ・タイムRアクアの詳細

ザ・タイムRアクアの成分は以下の通り。(長いので折り畳んでます)

トラネキサム酸*,グリチルリチン酸ジカリウム*,アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム,dl-α-トコフェロール2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩,シャクヤクエキス,精製水,ジプロピレングリコール,濃グリセリン,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル,ソルビット液,エデト酸二ナトリウム,クエン酸,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル,2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液,1,3-ブチレングリコール,クエン酸ナトリウム,ピロ亜硫酸ナトリウム,ノバラエキス,マヨラナエキス,テンチャエキス,フェノキシエタノール
引用元:https://www.ipsa.co.jp/43252.html

価格は200mlで¥4,400。

1回に使う量が2ml(500円玉大)なので、単純計算で100回分。
朝晩使って約1ヶ月半保ちます。

ipsa化粧水の量は五百円玉くらい
おおよそ3振りくらい?

香りは無香料。
ほんの少し成分臭?がありますが、ほとんどの方は気にならないと思います。

パッケージはシンプルかつオシャレ。
メンズでも違和感なく使えそうで、これに惹かれてる人も多そう。

ipsaの化粧水のパッケージはオシャレ

最初はこの透明部分がガラスかと思っていたんですが、ただのプラスチックでした。

ipsaの化粧水はプラスチックケース

まぁ実際にガラスにされちゃうとパッケージ代に上乗せされて中身が疎かになりそうなので、個人的にこれは良かったと思います。

MEについて、選び方など

お次は、乳液のMEについて。

ipsaの乳液、ME

元々はこのMEの選び方が分からず、店舗に行ったってのが経緯でしたね。

その選び方も勿論ですが、その他色々と商品について教わってきたので、ここで共有しておきます。

MEの選び方

MEを選ぶ際の考え方として、
『皮脂分泌力と酸素レベル』という2つの軸があるそうな。

  • 皮脂分泌力
    書いて字の如く、どのくらい皮脂を分泌する能力があるか。
  • 酸素レベル
    お肌が含む酸素レベル。いまいちピンとこないけど、「どのくらい肌が元気な状態か」というように理解しました。

これらを表にして、MEの番号を当てはめると以下。

ipsa MEの選び方の表

ぼくの場合は、酸素レベルは良好&皮脂分泌量が高いので、1が最適ということになります。

ただし、MEの質感の好みもあるので、縦軸は好きな方を選んでも良いそうな。(つまり、実際には皮脂分泌量の横軸だけで判断してもOK)

そんなアドバイスを頂いたので、ぼくは5番を購入しています。

MEの5番を購入

MEの効果

ちょっと意外だったのが、
ipsaが提案するスキンケアではMEはスキンケアのベースとなるものらしく、MEを省略することはありえないらしいです。

要するに、

  • ザ・タイムRアクアを使わない
    OK
  • MEを使わない
    NG

ってこと。

「化粧水を省略するのはありえない」ってのが一般的?に言われれてるので、てっきり逆だと思っていました…

MEを最優先で使わなきゃいけない理由は、MEが持つ効果が答えになると思います。

肌は本来、みずから美しくなろうとする力を持っている。
「ME」は、イプサが考えるスキンケアの原点を凝縮した唯一無二のエレメンツ。
あなたのなかにある美的生命力(Vital force)を引き出す化粧液です。
引用元:https://www.ipsa.co.jp/me.html

正直何を言ってるのかよく分かりませんが、つまりは「肌本来の力を活かして、綺麗な素肌を目指していこうね」ってこと…のはず。

もうちょっと具体的に言うなら、
MEには肌表面の保湿だけではなく、肌のターンオーバーを促す効果があるそうな。
(ターンオーバー=肌が生まれ変わるサイクル)

化粧水のザタイムRアクアはあくまで保湿する"だけ"の役割なので、MEのようなターンオーバー効果はあまり期待できないらしい。

こういった理由で、「MEは最優先で使う」としているそうです。

ちなみに、MEもしっかり医薬部外品です。

ipsa MEも医薬部外品

MEの詳細

MEの成分は以下の通り。(長いので折り畳んでます)

トラネキサム酸*,グリチルリチン酸ジカリウム*,精製水,濃グリセリン,ジプロピレングリコール,1,3-ブチレングリコール,エタノール,トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル,ジグリセリン,メチルポリシロキサン,カルボキシビニルポリマー,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体,エデト酸二ナトリウム,ピロ亜硫酸ナトリウム,無水エタノール,酵母エキス(3),ヒオウギ抽出液,オウゴンエキス,マロニエエキス,タイムエキス(1),ケイ皮エキス,フェノキシエタノール
引用元:https://www.ipsa.co.jp/43278.html?lang=ja&cgid=skincare

価格は175mlで¥7,150。(税込)
先述の化粧水と比べても割高ですね。

使用量は1回に3プッシュ。
かなり多い気がしますが、それで適正だそうな。

ipsa MEは3プッシュ使う

ボトルの横に目盛がついてるんですけど、この1目盛を1週間で使うのが目安になっています。

ipsa MEの目盛りのポチ
分かり辛いけど、ポチッと出っ張ってます。撮るの難しい。

なので、これもおおよそ1ヶ月半くらいで使い切る計算です。

こちらも香りは無香料ですが、化粧水よりも成分臭は強めかもしれません。
まぁそれでも大したことないです。

ボトルのデザインは「薬瓶」がモチーフになっているそうな。
ぼく的にはなんかちょっとオシャレな牛乳瓶みたいに見えちゃいました。

ipsa MEのボトルデザイン

感想は。。。あれ?

それから約2週間ちょっと、朝晩塗り続けてみました。
その結果…

残念ながらipsaは、ぼくの肌には合っていませんでした。。

ipsa化粧水

これだけSNSで評判が良いのにまさか合わないとは、完全に予想外。

具体的に何が起こったのか、
これからお伝えします。

MEの質感が苦手だった

ipsaを使った第一印象が、
「MEの質感が苦手」でしたね。

5番はMEの中でもどちらかというとサラッとしてるタイプだと思うんですが、それでもベタベタしちゃう気がします。

ipsa MEの質感のGIF

MEの1回の使用量は3プッシュなんですが、それだけ使うと肌がベッチャベチャで耐えられません。。

※本当はコットンを使うのが良いらしいんですが、ぼくはコットン不使用派でいつも手でやってるので、それは関係してるのかもしれないです。

それで途中から1プッシュに変えたんですが、あまり改善されず。
毎日使うものだし、使用感は重視したいので非常に残念でした。

ちなみに化粧水に関しては、評判通りのサラリとしたテクスチャで好きな感じです。

ipsa ザタイムRアクアの質感GIF

細かいニキビができた

まぁベタッとした質感が苦手でも、効果が実感できるなら使い続けるのもアリかなとは思っていたんです。

しかし非常に残念なことに、毛嚢炎のような細かいニキビもポツポツ見られるようになってしまいました。。

もちろんニキビの原因って様々ですし、ipsaだけが原因とは限らないんですが、、
ipsaって、ニキビによく効くって聞いてたような…?

もし生活習慣の乱れが原因のニキビだったしても、「それを抑えられないなら別にipsaじゃなくても良いのでは…」なんて考えちゃいました。

あとは個人的な感覚ですが、なんとなく自分には栄養過多な感じがしたんですよね。

「保湿し過ぎ」もニキビの原因の一つ。
こんな高級な化粧品を塗ったのが初めてだったので、ぼくの肌がびっくりしちゃったのかもです。(敏感肌なのか、貧乏肌なのか。。)

小鼻の角質が復活した

以前にもお話しましたが、松山油脂の化粧品を使ったら小鼻の角質がかなり改善されてたんですよね。

しかし、ipsaを使い始めた途端、この角質が復活してしまったのです。。

断言はできませんが、
ipsaにはグリセリンが入っているから?とか思ってます。

ipsaの成分には濃グリセリンが入ってる

松山油脂で改善された点が再発してしまったのは、非常に残念でしたね。。

保湿効果はあったけど。。

一方で、保湿効果はたしかにあると感じました。

が…

ネット上の評判のように、
絶賛するほどか?と言うとちょっと疑問なのです。。

  • これで肌質が変わった
  • 他の化粧水よりも奥まで浸透する
  • 夜までずっと保湿される

たまにこういったレビューもありましたが、これらはちょっと言い過ぎな気がしました。(もちろん、あくまでぼくの肌における話)

ぶっちゃけ、保湿効果でも無印の化粧水とそれほど変わらない気がします。。

「保湿の膜を張る」ってのも特別実感はできず。
普通にしっとりする化粧水だなぁ、って感じ。

なので、「別に¥4,000以上出すほどじゃないな…」っていうのがぼくの正直な感想。¥2,000以下でも良い化粧水は山ほどありますから。

まぁでも、化粧品は"商品のイメージ"も大事な要素だったりしますからね。
「オシャレさ」とか「皆が使ってる安心感」で選んでる人も多いのかな?とも思います。(肌に合うなら全然それもアリだと思いますよ)

まとめと今後

ipsaの感想をまとめると以下の通り。

まとめ

  • MEがベタベタして苦手
  • 細かいニキビができた(自分には栄養過多?)
  • 小鼻の角質が復活した
  • 保湿力はあるけど、特筆するほどではない

自分が見た限りではどこも絶賛レビューばかりだったので、やっぱり意外な結果だったな、と。

ipsa、肌に合わなかった…

が、もちろん皆様の肌には超合う可能性はあるので、「合わない人もいるんだなー」くらいに受け取ってもらうのが良さそうです。
「化粧品は本当に個人差がある」と改めて実感…

今後のスキンケアについては、一旦はまた松山油脂に戻すつもりでいます。

スキンケアは松山油脂に戻す

ただ、それだと肌診断の通り乾燥した肌に戻っちゃうのが課題…
なので保湿方法は考える必要があるかもです。

まぁ、その方針が考えられるようになっただけでも、ipsaを試した価値はあったかなーと。
そう自分に言い聞かせております。

なゔ
なゔ

以上です。
ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました