絡まりにくいケーブル、ANKERの「PowerLine III Flow」

Anker PowerLine III Flowケーブルのアイキャッチ画像
目次

右下のボタン()で目次まで戻れます

ケーブルが絡まるストレスからグッバイ

ガジェット好きにとって切っても切り離せないのが、ケーブルの取り回し問題。

新しいガジェットを買うとケーブルも同時に増えて、そして絡まり合い、ストレスも溜まっていく……

「なんでケーブルにこんな苦労させられるのか…」なーんて思ってたところ、ANKERで良さそうなケーブルを見つけたのでご紹介します。

ANKERの絡まりにくいケーブル「Anker PowerLine III Flow」

シリコン製の柔らかケーブル、「Anker PowerLine III Flow」です。

Anker PowerLine III Flowケーブル

ANKERには「PowerLine」という名前のケーブルがいくつかありますが、今回ご紹介するのは"FLOW"と呼ばれるシリーズ。

スペックは以下の通り。

商品名Anker PowerLine III Flow
ケーブル長1.8m
0.9m
端子USB-C to USB-C
USB-C to Lightning
価格¥1,790〜¥2,290
データ転送速度最大480Mbps
ミッドナイトブラック、クラウドホワイト、ラベンダーグレー、ミントグリーン、アイスブルー、レモンイエロー、ライトパープル(全7色)
保証18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後)
備考PD(高速充電)対応
映像出力非対応
充電ケーブルとしての必要な機能は備わってる感じ

ぼくが購入したのは、

  • USB-C to USB-C
  • 1.8m
  • ミッドナイトブラックカラー
  • ¥1,890

のタイプです。

「Anker PowerLine III Flow」の箱
箱。
「Anker PowerLine III Flow」を開封
開封。
「Anker PowerLine III Flow」の中身
中身。紙、紙、ケーブル。
Anker PowerLine III Flowの結束バンドを留める
Anker PowerLine III Flowの結束バンドを開く
最初から結束バンドが付属していました。
USB-C to USB-Cケーブルを購入
USB-C to USB-C端子のものを購入。(Lightning版もあります)

このケーブルの特徴はなんといっても、その絡まりにくさ

「Anker PowerLine III Flow」は絡まりにくい

外装にシリコン素材を使っていて非常に柔らかくしなやかで、折り癖がつき辛くなっているんです。

通常のケーブルも用意して軽く比較してみることに。

両方のケーブルを束ねた状態でニギニギ。

Ankerのケーブルと通常のケーブルを握って折り曲げる

通常のケーブルは折り癖が付いて先端が反っていますが、ANKERは真っ直ぐ垂れ落ちてます

ANKERと通常のケーブルの曲がり癖の違い
これだと伝わり辛いかもですが…一応。

実際に使っていても、変に折り曲がったりせず絡まる気配など皆無。「バッグの中でケーブルがグチャグチャ」みたいな現象ともオサラバですね。

これでApple純正のケーブルと値段が変わらないってんだから素晴らしい。

カラバリも豊富で全7色
インテリアに合わせて"見せるケーブル"としても使えそう。

そしてANKER製品で忘れてはいけないのが、保証もしっかりついているところ。不具合が発生したら新品と交換してもらえる神対応。

ANKERの保証
出典:https://www.ankerjapan.com/products/a8552

自身の過失による不具合は対象外ですが、ケーブルって「いつの間にか断線してた」ってのはありがちですからね。ANKERが愛される理由の一つだと思います。

USB Type-Cケーブルを選ぶときの注意点

全然知らなかったんですが、USB-Cには種類がいっぱいあるらしく。

もともとこのケーブルを買ったのは「モニターとMacを接続する」って目的だったんですが、このケーブルは映像出力に対応していないので、その目的は果たせませんでした…

DELLのモニターとMacbookPro
これらを今回のケーブルで繋げたかった…

一応つないでみても、やっぱりダメでしたね…

ディスプレイを挿してケーブル
無慈悲の画面

USB-Cの種類については、以下の動画がすごく参考になりました。

目次