衣類スチーマー大好き男が、その効果を解説します|おすすめ機種も

衣類スチーマーの効果記事のアイキャッチ画像
目次

右下のボタン()で目次まで戻れます

衣類スチーマー、愛用してます

ハンガーに掛けたまま服の皺を伸ばせることで人気な衣類スチーマー。

その手軽さから、ぼくもメチャクチャ愛用してんですが、実は皺を伸ばせるだけじゃなく様々な効果があるんです。

そこで今回は、「衣類スチーマーにどんな効果があるのか?」について語ろうと思います。

衣類スチーマーの効果・メリット

衣類スチーマーの効果としては、大きく以下の4つだと思ってます。

衣類スチーマーのメリット
  • ハンガーに掛けたまま皺を伸ばせる
  • ニットやアウターに使いやすい
  • 除菌・花粉などのアレル物質に対策できる
  • 脱臭効果
  • 自然な仕上がりの皺になる

それぞれ詳しく解説します。

ハンガーに掛けたまま皺を伸ばせる

冒頭にもお話ししましたが、ハンガーに掛けたまま皺が伸ばせるというのは大きいですね。

アイロンだと、

  • アイロン台を出して…
  • アイロンの電源オンして…
  • アイロン台に服を置いて…
  • 当て布の上からアイロン掛けて…
  • 終わったらアイロン台まで片付けて…

なんて工程が必要。。
こんなの毎日続けてたら疲れちゃいますよね…

しかし衣類スチーマーなら、

  • 電源オンして、
  • スチームを掛ける

で終わり。超〜楽ちん

日常的に行う作業だからこそ、この差がメチャクチャ大きくなるんですね〜。

ニットやアウターに使いやすい

アイロンにはない衣類スチーマーのメリットとして、"カットソーやニットなどの編み物の皺を伸ばしやすい"ってことが挙げられます。

編み物は生地が厚手なので、アイロンだとプレスし辛く、逆に皺が伸ばしにくくなるんです。。

そこで、ハンガーに掛けて衣類スチーマーでスチームすると、服自体の重みもあって皺が伸ばしやすくなるというわけ。

また、編み物以外にもジャケットなどのアウターでも重宝します。

デニムジャケットに衣類スチーマーをあてる

アウターのアイロン掛けは難易度が高いですが、スチーマーなら何のその。幅広い服に対応できるのは本当に嬉しいですね。

除菌・花粉などのアレル物質に対策できる

衣類スチーマーの熱によって、除菌効果が期待できます。

アイロンのかけ面は80度以上が一般的なんですが、実はスチームはそれ以上の温度が出ているので、除菌して清潔に過ごせるというわけ。

また、菌だけでなくダニや花粉のアレル物質への対策も同時に可能。アレルギー持ちの方にも非常に嬉しい効果ですね。

脱臭効果

臭いの元になる物質は揮発しやすい性質なので、スチームの熱によって臭い対策できるんです。

そこに衣類スチーマーが噴射する勢いも加わるので、臭いへの効果はしっかり感じられますね。

例えば、以下のような臭いとか。

  • 部屋干しの生乾き臭
  • 汗の臭い
  • 食事後の残り香
  • 満員電車で移った香水の匂い

帰宅後、脱いだ服から漂うムワッとした臭い…覚えがありませんか…?

衣類スチーマーをサッと当てれば、それも即解消できちゃいますよ。

自然な仕上がりの皺になる

これは個人的に感じてることなんですが、衣類スチーマーの仕上がりはナチュラルで好きなんですよね。

実際にスチームを当ててみました。

無印良品のシワシワのシャツ
シワシワ状態

スチーム後のシャツの仕上がり
アフター
衣類スチーマービフォーアフター
ビフォーアフター

アイロンでプレスしてバチーッ!と決めるのも良いんですが、、なんとなく「キメてます」感というか…普段着だと嫌らしく感じることがあるような。

スチーマーくらい自然な皺の方が街に馴染む気がします。

とはいえシワッシワは清潔感に欠けちゃう…という中間の、丁度いい仕上がりになると思っています。

衣類スチーマーを使うコツ

衣類スチーマーを長年使い続けて、皺を伸ばすコツも分かってきたので、ここで共有しておきます。

ぼくが衣類スチーマーを使う際に意識していることは、以下の通り。

  • 裾はしっかり引っ張る
  • がんこなシワ部分はゆっくりスチームを当てて伸ばすようにする。
  • スチーム口をピッタリ服にくっ付ける
衣類スチーマーをあてるGIF画像
こんな感じ

ぼくの場合、これでほとんどの皺は伸ばせていますね。

ただ、ここまでやっても無理な場合は、潔く諦めるようにしてます笑。やりすぎると服にダメージ与えちゃうし、自分が火傷しちゃう可能性もあるので。

衣類スチーマーのデメリット

衣類スチーマーはメリットが多い反面、デメリットも当然あるので、それについても触れておきます。

ピシッと皺は作れない

先ほどの「自然な仕上がりが好き」からの見事な掌返しですが…笑、やっぱりビジネスシャツなどピシッとしたい服には物足りない

自分で仕上げるなら、どうしてもアイロンも持っておきたいところ。

あとはシャツはクリーニングに出す、で割り切っちゃうとか。。いずれにせよ使い分けは必要だと思いますね。

裾や袖など、端っこ部分が伸ばしにくい

衣類スチーマーの構造的問題なんですけど、裾や袖など端っこ部分の皺は伸ばしにくいです…

裾のシワ

服を浮かしてスチームするGIF
頑張るけど、これじゃ皺は伸びない…

目立ちにくい部分ではあるものの、やっぱり皺はない方が格好いいとは思うんですけどね…

かと言って無理すると火傷しちゃうので、ここは「そういうもの」と諦める方が良さそうです。

おすすめの衣類スチーマー

衣類スチーマーのメリット・デメリットをお伝えしたところで、ぼくの個人的なオススメをご紹介します。

ティファールがおすすめ

ズバリ、『T-Fal(ティファール)』の衣類スチーマーがおすすめです。

理由はただ一つ。
"スチームの量が圧倒的"なこと。

他メーカーのスチーム量は多くても「16g/分」ぐらいなんですが、ティファールは「平均20〜23g/分」という凄さ。

アクセススチームプラスのターボモードGIF
実際のスチーム。

業務用みたいなメチャクチャでかい衣類スチーマーですら、「25g/分」とかなんですよ。

ティファールは↑このデカいスチーマーに迫る勢い。家庭用の衣類スチーマーなら当然敵なしですね。

「スチームが多いと何が良いの?」っていうと以下の通り。

  • ガンコな皺でも伸ばしやすくなる
  • 脱臭効果が強くなる
  • ティファールだけ殺ダニ効果を謳ってる

本当にスイスイと皺が伸ばせるんで、ティファールを使うともう戻れないですね…

ただし、その代わりのデメリットもあります。

  • 重くて大きい
  • 価格が高い
  • プレスができない

こういった点が気になる方は、Panasonicの衣類スチーマーとか選ぶことになりそう。

が、、しかしねー…

Panasonicは昔使ってた時期があるんですけど、、

  • スチームの勢いが弱く、皺が伸ばしにくい
  • 皺が伸びないので、何回も給水し直す必要があって大変

といった点から、個人的には良い印象がないんですよねー。。

やっぱり、衣類スチーマーは皺を伸ばせてナンボだと思うので、ぼくの推しはティファールという結論です。

まとめ

以上、衣類スチーマーのメリットデメリットの解説でした。

今回の内容を改めてザックリまとめると、以下の通り。

  • 手軽に皺を伸ばせるのが魅力
  • 脱臭・除菌効果アリ
  • 自然な皺の仕上がりだが、ビジネスなどには不向き
  • 裾や袖など伸ばせない部分もある
  • おすすめは圧倒的にティファール

ぼくが愛用してるティファールの衣類スチーマーについては、他の記事で詳しく解説してるので、よければ合わせてご覧ください。

konomito

以上です。
ご覧いただきありがとうございました。
よければ他の記事もあわせてご覧ください。

目次