【比較あり】キュレルの日焼け止め、UVエッセンスをレビュー|他のUVカットシリーズとの違いも

Curel(キュレル)UVエッセンスレビューのアイキャッチ画像
目次

右下のボタン()で目次まで戻れます

これが、愛用の日焼け止めです

「日焼け止め=最強のエイジングケア」と言われているらしいので、ぼくは必ず毎日日焼け止めを塗るようにしています。

そこで今回は、
愛用している日焼け止め『Curel(キュレル)』のUVエッセンスをご紹介。

  • 「この日焼け止めの何がいいのか?」
  • 「キュレルの他の日焼け止めとどう違うのか?」

など語っていこうと思います。

キュレルの日焼け止めシリーズと、それぞれの違い

キュレルは乾燥性敏感肌の方向けの、花王の化粧品ブランド

セラミドなど保湿の重要成分を使った製品が特徴で、コンセプト通り敏感肌の方でも安心して使えるので、根強いファンも多いです。

そんなキュレル、日焼け止めだと以下4つの種類があります。

デイバリアUVローション
UVカット UVエッセンス
潤湿保湿 UVクリーム
潤湿保湿 UVミルク

「それぞれどう違うの?」について触れておきます。

各スペックを表にすると以下の通り。

商品名デイバリアUVローションUVエッセンス潤湿保湿 UVクリーム潤湿保湿 UVミルク
商品画像
価格¥1,650¥1,650¥1,650¥1,650
容量60ml50g30g30ml
SPF/PA50/+++30/++30/+++30/+++
用途顔・からだ用顔・からだ用顔用顔用
紫外線防止成分紫外線散乱剤紫外線散乱剤紫外線散乱剤紫外線散乱剤
化粧下地は可能?××
落とし方メイク落とし洗顔・メイク落とし洗顔・メイク落とし洗顔・メイク落とし
使用感すっとなじむローションタイプウォーターベースでベタつかずみずみずしい、潤いエッセンスタイプ濃厚なクリームタイプさらっと軽いミルクタイプ
参考:https://www.kao.com/jp/products/curel/
デイバリアUVローション[価格]¥1,650[容量]60ml[SPF/PA]50/+++[用途]顔&からだ用[紫外線防止成分]紫外線散乱剤[化粧下地]×[落とし方]メイク落とし[使用感]すっとなじむローションタイプ
UVエッセンス[価格]¥1,650[容量]50g[SPF/PA]PA/++[用途]顔&からだ用[紫外線防止成分]紫外線散乱剤[化粧下地]×[落とし方]洗顔&メイク落とし[使用感]ウォーターベースでベタつかずみずみずしい、潤いエッセンスタイプ
潤湿保湿 UVクリーム[価格]¥1,650[容量]30g[SPF/PA]30/+++[用途]顔用[紫外線防止成分]紫外線散乱剤[化粧下地]○[落とし方]洗顔&メイク落とし[使用感]濃厚なクリームタイプ
潤湿保湿 UVミルク[価格]¥1,650[容量]30ml[SPF/PA]30/+++[用途]顔用[紫外線防止成分]紫外線散乱剤[化粧下地]○[落とし方]洗顔&メイク落とし[使用感]さらっと軽いミルクタイプ
参考:https://www.kao.com/jp/products/curel/

主な違いとしては、
「体に使えるか」
「化粧下地として使えるか」

「質感がどう違うか」
といったところでしょうか。

上記表から、各製品のオススメな人をざ〜っくりまとめると以下の通りかと。(独断と偏見)

キュレル自体が優秀なブランドですし、それぞれ信頼できる日焼け止めだと思うので、好みの質感や使いたいシーンで選ぶと良いでしょう。

UVエッセンスを選んだ理由

ぼくは、キュレルの日焼け止めシリーズから、UVエッセンスを選びました

SPFとPAは潤湿シリーズと変わりませんが、ぼくはメイクしないので化粧下地の用途は不要でした。

公式では「ウォーターベース」と謳われていますが、少しコックリとした質感。でも手に伸ばすとサラッとする独特な感じ。

キュレルの日焼け止めの質感

ぼくがUVエッセンスの良いと思うところを挙げると、以下の通り。

キュレルUVエッセンスの魅力
  • 日常使いに適したSPFとPA
  • ケミカルフリー処方で敏感肌に優しい
  • 花王ブランドの信頼感
  • どこでも買えて、ほどほどの価格

それぞれ詳しくお伝えしますね。

日常使いに適したSPFとPA

UVエッセンスは「SPF30/PA+++」という、日常使いに適したスペックになっています。

ぼくはアウトドアな趣味もなく、基本的にオフィスワークなので、日常的な紫外線を防げればいいんですよね。

ちなみに、SPFとPAについての説明は以下の通り。

SPF

日焼けによる炎症(赤み)の原因になる「UVB」を防ぐ。数字で表記されて、大きくなるほど効果が強い。50以上になると「50+」という表記になる。

PA

黒みやシワ、たるみの原因になる紫外線「UVA」を防ぐ。「+」の数が多いほど効果が強い。「++++」が一番強力。

つまり、防げる紫外線の種類が違うってこと。

SPFとPAの数値の基準としては、以下の図が参考になります。

出典:https://www.jcia.org/user/public/uv/prevent

上記のとおり、強い数値になると紫外線をしっかり防げるんですが、そういったものは肌への負担が増えたり、洗い落としにくくなったりするので、選びたくなかったのです。

ケミカルフリー処方で敏感肌に優しい

ケミカルフリーというのは、紫外線吸収剤を使っていない日焼け止めを指します。

紫外線の防止成分には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があるんですね。

紫外線吸収剤

紫外線を吸収して化学反応を起こすことで日焼け止めを防ぐ。
「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」や「メトキシケイヒ酸オクチル」などの成分を使ってる。

紫外線散乱剤

紫外線を肌の上で反射させて日焼けを防ぐ。
「酸化チタン」や「酸化亜鉛」という成分を使ってる。

つまり、紫外線を「吸うか?」「跳ね返すか?」という違い。

このうち、紫外線散乱剤(ケミカルフリー)の方が肌に優しいとされているそうな。

紫外線吸収剤は体内の血液にまで到達するというニュースも報じられていたので、こだわりが無い限りは紫外線散乱剤を使った方が良いんじゃないかと思いますね。(血液に到達することによる影響まではわかっていないようですが)

UVエッセンスを含めキュレルの日焼け止めは全てケミカルフリー処方なので、安心して使うことができそうですね。

花王ブランドの信頼感

実は、日焼け止め選びで"大手メーカーのものを選ぶ"ということは非常に重要らしいんです。

そのことを知ったきっかけは、以下の動画。

目次