日焼け止めの選び方と、新しくCURELの日焼け止めを買った話。

スポンサーリンク

日焼け止めはめちゃくちゃ大事ですよ

日焼け止めはめちゃくちゃ大事ですよ。

日焼け止めを手に出す男性のフリー素材

「唐突になんだよ」
とか
「見出しと本文で2回言うなよ」
って言われてそう。

最近天気悪いですけど、気温はしっかり夏なので日焼けを意識し出した人も多いんじゃないか、と思いまして。

自分も最近、新しい日焼け止めを買い直しましたから。

ブロガーの端くれとして、「せっかくならブログで書けるような良い物見つけたいな」とか考えてました。

そこで改めて日焼け止めについて色々調べ直したんですが、色々と新しい発見がございましたよ。

スキンケアに興味ありそうな方でも、ちょっとは「へ〜〜」となりそうなことが。

そんなわけで今回は、

なゔ
なゔ

日焼け止めを新しく買い直して、そこで色々調べて分かったこととか色々共有します!

という趣旨のお話です。

日焼け止めについて知っておいた方が良いこと

周囲の人を見ていると、日焼け止めを塗っているメンズはかなり少数派に見えるんですよね。

紫外線は常に降ってるし、シワやたるみの原因にもなるので「ちゃんと塗った方が良いんだけどな〜」なんて思っております。

そこで、ここからは「日焼け止めでこれは知っておいた方が良いよ」ってことを軽く共有しますよ。

SPFとPAの話

まずは「SPF」「PA」について。

日焼け止めを選ぶときはまずここの表記を見ることになるので「これは知ってるよ」って方も多いんじゃないでしょうかね。

まぁ、日焼け止めを語る上では避けては通れない話なので…
ここではちょっとだけ触れておきます。

SPFもPAも、どちらも日焼け止めの強さを示す指標
「数が多いほど強力」くらいに捉えておけば問題ないでしょう。

「何が違うんじゃい!」って言うと以下。

  • SPF
    日焼けによる炎症(赤み)の原因になる「UVB」を防ぐ。
    数値で表記されて、大きくなるほど効果が強い。
    50以上になると50+という表記になる
  • PA
    黒みやシワ、たるみの原因になる紫外線「UVA」を防ぐ。
    その強さは「+」の数が多いほど効果が強い。
    「++++」が一番強力。

知った当初は「紫外線にも2種類あるのか…」と驚いたものです。

一応別々の指標になってはいますけど、どちらかの数値が高くなればそれに比例してもう一方も高くなりますけどね。
(例を挙げるとSPF50、PA+みたいな商品は多分無いです)

無印の日焼け止めのSPFとPA
これはそれほど強く無いやつ

注意すべき点としては、最強のものを選べば良いかと言うとそうではないということ。

日焼け止めの効果が強い分、
それだけ肌にも負担がかかります。

一番の理想としては、
使いたい場面によって使い分けることですね。

大雑把な基準を例として挙げておくと、

  • 毎日塗る日常使い用
    「SPF30、PA+++」程度のもの
  • レジャーなど長時間紫外線
    「SPF50、PA++++」程度のもの

といった選び方をすればOKです。

紫外線散乱剤と紫外線吸入剤

日焼け止めにも種類がありまして、
紫外線の防ぎ方が異なります。

その防ぎ方は大きく分けて2種類。

「紫外線散乱剤」「紫外線吸入剤」のどちらの成分を使っているかの違いです。

  • 紫外線散乱剤
    紫外線を肌の上で反射させて日焼けを防ぐ。
    「酸化チタン」や「酸化亜鉛」という成分を使ってる。
  • 紫外線吸入剤
    紫外線を吸収して化学反応を起こすことで日焼け止めを防ぐ。
    「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」や「メトキシケイヒ酸オクチル」などの成分を使ってる。

要するに、文字通り「跳ね返す」「吸収するか」の違いですね。

どちらが良いかと言うと、紫外線を跳ね返す「紫外線散乱剤」を使った物が良いと思います。
紫外線吸収剤を使っていないものを「ノンケミカル」という言い方もしますね。

その理由としては、紫外線吸収剤使用のものは皮膚が弱い人には刺激が強く、肌荒れの原因になりやすいと言われている為。

加えて、「紫外線吸収剤は血液にまで到達する」といったニュースがあったりと、あまり良いイメージがないんですよね…
※ただし、血液に流れているからと言って、どんな影響があるかまでは分かっていないようです

日焼け止めの化学物質は体内に吸収され、血液中に流れ込んでいた:米当局の臨床試験から明らかに
市販の日焼け止めに配合される紫外線防御剤が、皮膚から体内に吸収されている──。そんな臨床試験の結果を米食品医薬品局(FDA)が論文として発表した。試験は小規模なもので、紫外線防御剤が人体に悪影響を及ぼす証拠が見つかったわけではない。専門家からは「影響がわからない点が問題」との声も上がっており、FDAは審査の厳格化に向け...

紫外線吸収剤は今のところそれほど問題視されずにまだまだ使われていますが、これらの話を聞くと「出来るなら避けたほうがいいのかなー」と思っています。

ただし、紫外線散乱剤が完璧かと言うとそうでは無いのがまた難しいところ。

紫外線散乱剤を使った物は白伸びしやすいというデメリットもあります。
それで何が困るかと言うと、使うときに量を考えないとに顔が不自然に白く見えちゃうことがあるんです。

ここは結構気にされる方も多そうなので、「伸びが良いサラサラしたモノを探す」など工夫が必要。

それぞれのメリデメや危険性については理解してから、納得できるものを選びたいですね。

大手メーカーのものが安心

唐突ですが、ここで日焼け止めについて調べる際にすごく参考にさせて頂いたチャンネルをご紹介。

こちらのチャンネル、元研究職ということでスキンケア商品についてしっかりした根拠を元に解説してくれるので、すごく勉強になります。

日焼け止めについてもかなり詳しく喋ってくれているので参考にしてたんですが、動画内でちょっと気になることを仰っていました。

それをここで掻い摘んでお話しちゃうと、
「SPF表記は実は正しくない可能性がある」
ということ。

「えっ」て感じですよね…

どういうことかと言うと、
日焼け止めは販売される前に試験機関に委託して試験されるらしいんですが、その試験結果を不正しちゃっていた機関があるから、とのこと。

自分で調べてみたら、確かにそういったニュースが出てきます。
(リンク先は海外のサイトです)

AMA Labs owner, Gabriel Letizia, accused of rigging sunscreen tests
Gabriel Letizia Jr., owner and executive director of AMA Laboratories Inc. in New City, was arrested Friday on charges of rigging tests for 30 years on sunscree...
https://www.globalcosmeticsnews.com/ama-laboratories-owner-charged-with-manipulating-sunscreen-test-results/

「じゃあ日焼け止めって全部嘘を書いてるの?」
っていうとそうではなくて。

試験機関にもいくつかあるらしく、どのメーカーが不正していた試験機関に委託していたかどうかまでは分かりません。
なので、全ての日焼け止めのSPF表記が間違っているとはならない。

しかし、逆を言えば「不正していたかもしれない」とも取れるので、やっぱり表記が誤っているリスクは残るという…難しい…

そうなると、自社でしっかり研究開発している大手メーカーを選ぶのが無難、という話になるという訳です。

どこまでが大手メーカーかは話されていないですが、日本メーカーなら

  • 花王
  • 資生堂
  • コーセー

あたりから選べば間違いないでしょう。

勿論このメーカー以外が全部ダメというわけでもないですよ。
不正の話は「そんなこともあるんだな」と頭に入れておくくらいで良いかと思います。

詳しい話は動画をみて頂ければと。
めちゃ参考になるので一押しのチャンネルです。

日焼け止めのことを知りたいなら、先ほどの動画を見れば、ぶっちゃけこの記事の先はもう読む必要がありません。

日焼け止め探しの旅

だって、ここから完全に自分語りだから。
(良かったらお付き合いください)

今までは無印良品の「敏感肌用日焼け止めミルク」を使っておりました。


無印良品 敏感肌用日焼け止めミルク SPF27 150ml

「敏感肌用だし、無印良品だし」と深く考えずに使っていたんですが、
これがどうにもたまに肌がピリピリしてたんですよね…

それで確認してみたら、コレ紫外線吸収剤を使っていたのです…

無印良品の日焼け止めは紫外線吸入剤を使ってる

もちろん、ピリピリするのがこれが原因だとは一概に言えません。

しかし、先述の通り紫外線吸収剤は避けた方が良いと思ってるので新しいものを買うことにしたのです。

日焼け止め選びの条件

ぼくは日焼け止めを「毎日のUV対策として使う」を目的としているので、それほど強力なものは必要ありません。
オフィスワークだし、屋外に晒されるのは通勤時間帯くらい。

加えて、毎日使うものなのでさらっと使えるストレスフリーな物が好み。

その前提と、これまで調べてきた情報から
日焼け止めを以下のような条件で探すことにしました。

  1. SPF30前後
  2. 紫外線吸収剤不使用
  3. 無香料
  4. 軽いテクスチャ
  5. ほどほどの価格
  6. 入手しやすい

これで探した結果、
以下の3つが候補として挙がりました。

CUREL(キュレル)

花王が展開する、敏感肌用スキンケアブランドの日焼け止め。
ネット上での評判の良さが目立ちました。

無印良品



出典:https://www.muji.com/jp/

「無印良品で別の選べば良いじゃん」で候補に上がったやつ。
敏感肌用とは異なり、こっちは紫外線吸入剤不使用です。

MARKS&WEB

石鹸などで有名な松山油脂が展開するスキンケアブランド。
何よりパッケージがオシャンティ。

本当は調べればもっと出てきそうですが、既に真夏の気温だし、一旦この中から選ぶことにしました。

CURELを選んだよ

結論としては、タイトルにもある通りCURELを選びました。

条件を全部満たしてくれるし、何よりどこでも売ってるのですぐ買えるのが大きかった。

無印良品のコスパや、MARKS&WEBのオシャレさも魅力でしたが、買える場所が限られちゃってるのが残念なところ。
毎日使う物なので、入手しやすさは大事です。

個人的にも「CUREL」というブランドをすごく信頼してるのもありますね。
リップクリームも愛用中。

「敏感肌用」って商品名にあるだけで使用しちゃう、とても単純な男なのです。

キュレルのリップクリーム

一応、CURELにはSPF50の物もありますが、使用目的からSPF30のものを選んだのでした。


キュレル UVローション SPF50+ PA+++ 60ml

CURELの使用感

キュレルを使い始めて2週間くらいですが、使用感としてはかなり好印象。

全く不満はありません。

ミルクタイプですが、伸びもそれほど悪くない。
ただ超サラサラ!とまではいかず、「可もなく不可もなく」といったところ。

キュレルの日焼け止めの質感
CURELの日焼け止めはこんな感じ。

以前使っていた無印に比べてもサラサラ度は上。

無印の日焼け止めはドロッとしてて、正直使ってても重い感触でしたね。
こう書いてると「なんでコレ使ってたんだろ…」って思ってきたぞ…

無印良品の日焼け止めの質感
無印良品の日焼け止めはこんな感じ。フルーチェみたい。

比較すると分かりやすいかな。

洗い落ちは非常に良い感じで、洗顔でサッと落ちてくれます。
「日焼け止めの肌に残る感じがイヤ」、というメンズは多いのでこれは嬉しいポイント。

ピリピリするような感じも、
肌荒れする気配も全く無し。
そこはさすが大手メーカーの敏感肌用ブランドです。

50gで¥1,500と少しだけお高い感はありますが、顔に塗る物と考えると全然許容範囲の金額じゃないでしょうか。

むしろこれ以上になると、保湿剤だったりパッケージにお金が掛かったりと「そこにお金掛けなくていいのに…」みたいなモノになりがち…

こう考えると、CURELくらいの価格帯が一番良い気がします。

以上、総合的に考えまして、CURELの日焼け止めは「普段使いにはかなりベストに近い日焼け止め」という評価を下します!

スキンケアも発信したい

今回キュレルの日焼け止めに行き着くまでにそれほど時間は掛からなかったのですが、
その割に良い物を選べたと思ってます。

先ほど紹介したYOUTUBEチャンネルもそうですが、昨今のインターネットは良質な情報が溢れていて、自分から動けば短期間で正解に辿り着けるのが良いですね。

今回記事を書くにあたってまた色々調べ直してると、オルビスの日焼け止めも良さそう、という発見もありましたし。


オルビス(ORBIS) サンスクリーン

売ってる場所が少ないのが難点ですが、キュレルと似たような使用感っぽくて、CURELより少し安くて、何よりもパッケージがオシャレ!(と思う)

こちらもいずれ試してみたいところです。

今後も良い発見があれば、今回のようにスキンケアについても発信して行けたらなーとほんのり思ってます。

まぁ、スキンケアにめちゃくちゃ凝っているかと言うとそうでもないので、凝った内容を発信するのは難しそうですが。

無理はせずとも。
一緒に大人としての身嗜み、整えていきましょ。

なゔ
なゔ

以上です。
ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました