ANKER Magsafeモバイルバッテリーで、ケーブルとさよなら

ANKER MAGSAFEアイキャッチ
スポンサーリンク

iPhone12ユーザー、待望の

昨年iPhone12miniを購入してから、かなり気に入って使っています。

特に、iPhoneにマグネットのアクセサリーがくっ付く新機能『Magsafe』が良い感じ。

iPhone12miniとMagsafeウォレット
Magsafeウォレットを愛用中

ガジェット系は新しいものがどんどん湧いて出るので、今もMagsafe対応の新しい製品が続々と作られていますが…

この度、そんな中でも「これは…!」と思えるような新商品が発売されました。

それがこの、Magsafeに対応したモバイルバッテリー、『ANKER PowerCore Magnetic 5000』です。

ガジェット系のレビューはスピード感が命みたいなとこがあって、注目を集めた製品なので既に旬を過ぎてる感もありますが。。

今回は、ぼくの目線でこの商品を見ていけたらと思います。

ANKERのMagsafe充電器

モバイルバッテリーがMagsafeに対応することの何が良いかって、やっぱりケーブル不要で充電できるという点

モバイルバッテリーにおけるケーブル問題は、頭を悩ませている方も多いんじゃないでしょうか。

  • 持ち歩くデバイスによっては、何本もケーブルが必要
  • モバイルバッテリーは持ってきたのにケーブルを忘れて充電できない
  • 充電してたらケーブルがカバンに絡まって煩わしい

こんな覚え、ないですか…?

過去に何度もこういった経験をしましたが、とにかくフラストレーション。。

そんな忌まわしいケーブル達を全て過去のモノにしてくれたのが、この『ANKER PowerCore Magnetic 5000』だったのです。

価格は¥3,990でした。


Anker PowerCore Magnetic 5000

一応Magsafe対応のモバイルバッテリーは、既に何種類か発売されてはいました。

が、ガジェット系は訳分からんメーカーも多く存在しているので、品質面が心配で買うのに抵抗があったんですね。

ぼくも含め多くの方が、Ankerという信頼できるメーカーから発売されるのを待っていたと思います。


信頼のANKER製

外観など

まずは本商品の外観など見ていきます。

箱はこちら。

ANKERモバイルバッテリーの箱

中身はこんな感じ。

ANKERモバイルバッテリーの中身

質感はマットな生地(?)感。

ANKER Magsafeモバイルバッテリーの質感
革でいえばヌバックレザーに近い気がします

サイズ感と厚みは以下。

ANKER Magsafeモバイルバッテリーのサイズ

Magsafeでくっつけた時の厚みはこれ。

MagsafeモバイルバッテリーとiPhone12mini合わせた厚み
iPhoneには純正レザーケースを装着してます

単体の重さは132g。
持った感じは結構軽いと思います。

ANKER Magsafeモバイルバッテリーの重さ

iPhone12miniと合わせると以下。

iphone12miniとAnkerモバイルバッテリー合わせた重さ
純正レザーケースも着用

ボタンやら入出力端子は以下です。

ANKER モバイルバッテリーの入出力ポートやボタン

モバイルバッテリーの仕様

モバイルバッテリーとしての細かい規格は以下の通り。

  • 電池 ⇒ 5000mAh
  • 入力 ⇒ 5V=2.2A
  • USB-C出力⇒ 5V=2A
  • Magsafe出力⇒ 最大5W
  • 合計出力⇒ 最大10W

5000mAhだとiPhone12miniで充電1回分。
proとかMAXだと1回にも満たないのはちょっと残念かも。

また、Magsafeで充電すると5Wってのも少し気になるところ。
最近は15Wとか当たり前なので、充電速度は遅いと思います。

まぁでも、Magsafeでくっつけたまま使えるので「それほど気にならないかな」って感じです。

色々と試してみたら…?

このMagsafeモバイルバッテリー、
個人的にすごく気になってたことがありまして。

それが、「Magsafe以外も充電できるんじゃないの?」ってこと。

最近はワイヤレス充電に対応したガジェットも多くなってるので、それらも充電できたら最高だなー、と淡い期待を抱いていました。

手持ちのAppleデバイス

というわけで、手持ちのApple製品で色々試してみることにします。

ipad proにくっ付けてみる

まずはipad proにくっ付けてみました。(2020モデル 11インチ)

ipad proにMagsafeモバイルバッテリーをくっ付ける

ただくっ付くだけで、充電はできませんでした。
なんとなく分かってましたけどね…

一応USB-Cのケーブルであれば充電できます。

ANKERモバイルバッテリーでipadを充電

しかしipadへの充電だと、容量的にも出力的にもさすがに物足りず。

ipadは「緊急時には使える」くらいに考えておいた方が良さそうです。

AppleWatchにくっつけてみる

お次はAppleWatchを置いてみます。

AppleWatchをMagsafeバッテリーで充電してみる

AppleWatchはマグネット充電なのでちょっと期待しましたが、やっぱりダメみたいですね。

こうなるとAppleWatch専用の充電器を持ち歩く必要がありますが、純正のAppleWatchの充電器はケーブルがプラプラして邪魔なんですよね。。

しかし、AppleWatchの充電には非常に便利なグッズがありまして。

それが、『Satechi』(サテチ)というメーカーのAppleWatch充電器。


Satechi USB-C Apple Watch 充電ドック

これならUSBポートに直接挿せてAppleWatchを充電できるので、ケーブルが邪魔にならない。

なので、近いうちに注文しようかなーと思ってます。

Airpods proにくっつけてみる

お次はAirpodsProです。

AnkerMagsafeモバイルバッテリーでAirpodsProを充電

マグネットでくっ付きはしなかったものの、オレンジに点灯したので充電できてますね。

寝る前に置いて朝まで放置して充電MAXになってるので、間違いなく充電されています。

AirpodsPro充電できた

外出時には常に持ち歩いてるので、もしワイヤレス充電できなければ、USB-C⇔Lightningのケーブルを持ち歩かなきゃいけないとこでした…良かった…

「Magsafe対応」と言いつつ、ちゃっかりワイヤレス充電にも対応してたんですね。

というか、説明書を見たらその旨記載がありましたね。

Anker Magsafeモバイルバッテリーはワイヤレス充電対応

いろんなデバイスをケーブル無しで充電できる、非常に優秀なヤツでした。

マグネットで付けっぱなしはダメ…

Magsafe対応であれば、金属を使った場所ならくっ付きそうですよね。

というわけで洗濯機で試してみます。

Anker Magsafeモバイルバッテリーを洗濯機にくっ付ける

やっぱりくっ付きました。

これを活かせば、モバイルバッテリーの置き場所を工夫できそうですよね。

うちの玄関にマグネットがくっ付くので、玄関に貼り付けておくこともできます。

玄関にMagsafeモバイルバッテリーをくっ付ける

こうすれば外出時にモバイルバッテリーを忘れることも無くなりそう。

しかし。

ここで予想外の事象が。

AnkerMagsafeモバイルバッテリーの赤いランプ

なんか赤いランプが点灯してる…?

説明書を見てみると、赤いランプは「金属製の物体または異物を検出」した状態とのこと。

しかし、「それで具体的にどんな影響があるか」ってのは記載がありませんでした。

そこでメーカーに問い合わせたところ、以下のような回答が。

赤いランプが点灯したままですと放電も早くなるため、劣化および故障が加速される恐れがあります。
また、金属についたまま充電できない状態が続きますと、バッテリに熱が出る可能性も考えられます。

うーん、やっぱりダメみたいですね。。
残念ながら「玄関にくっつけとく作戦」はNGとなりました。

まぁ「モバイルバッテリーをマグネットで保管したい!」なんて方は少数派だと思うので、然程問題ではなさそうですけども。

ただ、「金属にずっとくっつけておくのはよくない」ってのは覚えておいた方が良さそうです。

同時に充電してみる

あと気になるのは、「Magsafeで充電しながらケーブルでも充電できるの?」ってこと。

というわけで、iPhone12miniをMagsafeでくっ付けたまま、AirpodsProをケーブルに挿してみます。

Magsafe充電しながらAirpodsも充電してみる

が、これだとAirpodsだけ充電されてiPhoneは充電されない状態になったので、残念ながら両方同時には充電できないようです。

これはさすがに望み過ぎましたね。

※なお、モバイルバッテリー自体を充電しながらMagsafeで充電する(パススルー)ことは可能です。

ちなみにここで使ってるケーブルもANKER製。

ANKERの充電ケーブル

これ少し変わった製品で、シリコン素材で柔らかく絡まりにくい仕様になっています。

Ankerのシリコン製充電ケーブル

ちょっと前に発売された商品なんですが、なかなか良い感じです。(USB-C⇔Lightning)

ケーブルに、さよならできた

このMagsafeモバイルバッテリーについてまとめると。

まとめ

  • サイズ感が手頃で操作の邪魔にならない
  • iPhone12miniであれば満充電1回分
  • Magsafe充電の出力は5W
  • ワイヤレス充電にも対応
  • Magsafeとケーブルで同時充電は不可
  • マグネットでくっつけっぱなしはダメ

結局の結論としては、
「本当に買って良かった」です。

マグネットでくっつけてると、その存在も忘れそうなくらい自然な使い心地。

ANKERモバイルバッテリーはマグネットで落ちない

あとは繰り返しになりますが、ケーブルが今後不要なのは心の開放感が半端ない。
技術の進歩に感謝ですね。

まぁ、Magsafeに対応してるのはまだiPhone12シリーズだけなので、欲しいって方は限られているのかもしれませんが…

ハマる人は、めちゃくちゃ満足できる商品だと思います。

なゔ
なゔ

以上です。
ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました