2022SSで『LENO』の2 Tuck Trousersを購入してました|長く愛せる黒パンツ

LENO2タックトラウザーズ記事のアイキャッチ画像
目次

右下のボタン()で目次まで戻れます

このブランドのパンツが好き過ぎる

もはや2022AW(秋冬)コレクションが出始めてる時期となってしまいましたが、実は2022SSで購入してた服をご紹介。

Lenoの2TuckTrousersを実は買ってました

ぼくの大好きなブランド『LENO』の「2 TUCK TROUSERS」です。

『LENO』というブランドについて

『LENO』は女性デザイナー安藤歩氏が手がける、原宿のマンション1室発のファッションブランド。

長く着られるベーシックなデザインでありながら、ヴィンテージを踏襲した素材の風合いや造りを大切にしているのも特徴。

ユニセックス展開ではありますが、レディースの方がメインな印象で、特に女優からインスピレーションを受けた定番のデニムラインは人気が高いですね。

「FUDGE」でも常連で、この雑誌が好きな方であればハマるブランドかと。

価格帯としては、シャツやパンツで約¥20,000〜¥40,000となかなか良いお値段しますが、メイドインジャパンのこだわり抜かれた作りを味わうことができます。

「2 Tuck Trousers」を購入

ぼくが春夏で購入したのは、「2 Tuck Trousers」というパンツ。

LENOの2TuckTrousersのブランドロゴ
価格¥26,400
カラーブラック、サンドベージュ、アイボリー
素材コットン100%
お手入れ家庭洗濯可能、乾燥機不可

色は3色展開で、ブラックを購入。

定番扱いではないですが、一応毎年発売されてるアイテムではあるみたいです。

シルエットは、股下深めのワイド目なテーパード。

LENOの2TuckTrousersの全体のシルエット

腰回りの深くとられた2タックが特徴的。

LENOの2TuckTrousersの腰回りの深いタック

生地は30番手の双糸の強撚糸を使用して、あえて荒っぽい印象にしているとのことで、カジュアルでも使いやすい生地感になってます。薄くもなく、厚くもなくって感じで通年着れそうなちょうど良い具合。

LENOの2TuckTrousersの生地感

フロント部分はジップフライ。
個人的にはボタンフライよりも好きです。

LENOの2TuckTrousersはジップフライ

脇の割縫いはロック始末を見せない仕様になっていて、ロールアップした際に綺麗に見せられるんだとか。

LENOの2TuckTrousersの裾のロック始末
細部のこだわりが見えます。

素材はコットン100%のチノパン。家庭で洗濯可能です。

LENOの2TuckTrousersの洗濯タグ

「トラウザー」という商品名の通り、ビジネスでも履けるキレイ目感もありながら、カジュアルでも履けるような気遣いもある、汎用性の高いパンツになっていると思います。

あと個人的に嬉しかったのが、丈がとにかく長く造られていること。

LENOの2TuckTrousersの裾上げ

股下80cm以上かつウエスト細めのガリガリ体型もあって、これまでパンツの裾上げとかほとんどしたことなかったんですが、このパンツは長過ぎて裾直ししないと履けなかったです。

『LENO』のパンツは裾上げ前提で作られていて、全体的に長めに作られているので、「ヒョロガリでパンツの丈がいつも足りない…」という悩みをお持ちの方にもオススメですね。

実際に着てみた(着画)

実際に着てみた様子がこちら。

LENOの2TuckTrousersの着画正面
179cm/60kgでMサイズ相当のサイズ2着用
LENOの2TuckTrousersの横からの着画
横から
LENOの2TuckTrousersの背面からの着画
後ろから

パンツの細かいサイズ表は以下の通り。

スクロールできます
サイズ2
ウエスト73cm
ヒップ105cm
股上30.5cm
股下80cm
わたり幅35.5cm
裾幅17cm

太くて丸い腿周りから、裾にかかったテーパードのラインがたまんないっすねー。

これぞ『LENO』の真骨頂って感じ。
ホント、自分の好みにドンピシャ過ぎます

まとめ:『LENO』はもっと評価されていいと思う

以上、『LENO』の2タックトラウザーについて語ってきました。

汎用性の高い黒いパンツってのはずーっと探してたんですけど、ありふれ過ぎたアイテムなので、逆に長いこと「コレだ!」ってのを決めきれなかったんですよね。

少し良さそうなのを見つけても、「もっと良いのが出るのでは…?」なーんて欲が出てきて、購入まで至らなかったことは幾度…

そしてこの度『LENO』に落ち着いたわけですが、かなり納得のいく買い物になったと思います。

LENOの2TuckTrousersを着用して鏡で写した画像
ロールアップしたら涼しげに見えるので夏も着てるよ
  • 家で気軽に洗える
  • コットン100%
  • ワイド寄りなシルエット
  • テーパードは効いててほしい
  • タックが入ってる
  • センタークリースは要らない
  • カジュアルすぎず、キレイ目過ぎず

という条件で探してましたが、しっかり満たしてくれましたね。

いやしかし、『LENO』というブランドは「もうちょっと評価されてもいいんじゃないか?」とも思うんですよねー。

特にこのブランドのパンツのシルエットは、昨今のドメブラの中でもかなり秀逸だと思ってます。

  • 飽きることなく、肩肘張らずに着用できるスタンダードなデザイン
  • ヴィンテージを彷彿とさせる、服へのこだわり&丁寧な作り
  • 履くだけで今っぽくなる、かと言ってやり過ぎてない絶妙なシルエット

約2年前に購入した『LENO』のデニムも、未だにヘビロテしまくってますし、飽きる気配もなし。それどころか、履く度に「良いなぁ」と感動。

LENOのデニムと2TuckTrousersを並べた画像

『LENO』の服が長く愛用できるってことは、この身に染みまくっております。

konomito

以上です。
ご覧いただきありがとうございました。
よければ他の記事もあわせてご覧ください。

目次