『WORKERS』のニットタイをレビュー|ぼくが愛するネクタイ

Workersニットタイのアイキャッチ画像
目次

右下のボタン()で目次まで戻れます

ネクタイ、全く着けなくなったけど

「最後にいつネクタイを着けたか」なんて忘れてしまうくらい、ネクタイとは無縁の生活になりました。

在宅ワークはもちろん、もはやそれ以前からクールビズ・ビジネスカジュアルといった風潮でネクタイを着ける機会はかなり限られてます。

まぁ個人的にはネクタイは堅苦しいので超ウェルカムだったりするんですが…

そんなぼくでも一応、
「このネクタイは好き!」と言えるものがあります。

Workersのニットタイをご紹介

それが今回ご紹介する、『WORKERS』というブランドのニットタイです。

『WORKERS』というブランド

『WORKERS』は岡山を拠点にワーク、トラッド、ミリタリーを中心としたメンズウェアメーカー。

各工程ごとに専用の設備を持った工場でのみ生産するなど、クオリティの高い服作りをされています。

このブランドの個人的な印象を語ると、
ミリタリーの粗っぽさがどことなく漂う、超ベーシックなカジュアルブランド"。

「わかりやすい上質感」とかは無くて、何か突出した要素を求めると物足りないんですが、「とにかく普通、でもちゃんとしたものが欲しい」みたいな時にはドンピシャ。

そういう意味では「間違いない」ブランド。
自分もベーシックなアイテムを探す時には必ず目を通します。

ちなみにこのブランドを知ったのは、代官山のショップでデニムを見つけたのがきっかけ。

ブランドが定番で展開しているデニムで、一見普通・でもすごく評判が良くて、試着したらたしかにシルエット綺麗でした。

このデニムが¥20,000以下で買えるってことから分かるように、全体的に手の届きやすい価格設定なのも、良いところ。(良いデニムは2〜3万円overは普通…)

『WORKERS』のニットタイについて

そして掲題の件、『WORKERS』のニットタイについて。

Workersのニットタイとブランドタグ

ニットタイってのは、文字通りニット編みになっているネクタイ

カジュアルな印象でフォーマルな場には向かないですが、スーツ屋さんとかでも普通に置かれてます。

そんなどこにでも置いてあるニットタイでも、『Workers』は強いこだわりを持って作っています。

項目内容
価格¥8,250
素材シルク100%
サイズ長さ:140cm
大剣幅:5cm
小剣幅:4cm
Workersのニットタイの剣幅
大剣幅5cm(左)、小剣幅4cm()右
ニットタイ着脱部分はテープ状
着脱部分は滑らかなテープ状
Workersニットタイの小剣通し
小剣通し

希少な「完全国産」のニットタイ

実はニットタイは国内で作っている工場が全然ないらしく、市場に出回っているのはほぼ中国製なんだとか。

『WORKERS』はとにかく国産にこだわり、作れる工場を探し回って見つけたとのこと。

出典:http://eworkers.blogspot.com/search/label/knit%20tie

やっぱり国産ってステータスだけで安心感ありますよね。

ソリッド(無地)

ニットタイはドットやストライプなど柄物もよく見かけますが、『WORKERS』のニットタイはソリッド(無地)。

『WORKERS』はとにかく無地だそうです。

ニットタイはソリッド、無地に限ります。
好みはありますが、WORKERSはソリッド。
これは言い切ってしまいます。

WORKERS オフィシャルサイト抜粋

はい、ぼくも着いていきます。

ふくろ編み

ふっくらと弾力に富んだ編み地で、袋状に編まれた芯地がない「ふくろ編み」になっています。

1950年代後半、アイビーリーグの若者たちに愛用されていたものを踏襲しているらしい。

折れるのに邪魔になる部分が無く、しなやかに首に沿ってくれるというのがメリット。

ぼくのような素人には、ぶっちゃけネクタイの編み地とかよく分からないのですが、公式サイトの説明を見ると、「ここにも強い信念があるんだな」ってことが伝わってきます。

カラーバリエーション豊富

『WORKERS』のニットタイはカラバリが超〜豊富で、なんと15色もの展開があります。

↑左からブラック、チャコールグレー、グレー、シルバー、ネイビー、コバルト、ダークネイビー、ミッドナイト、グリーン、フォレスト、カーキ、ブラウン、コーヒー、オレンジ、バーガンディー

これだけあれば、自分の服装・好みに合わせて選べちゃいますね。

ぼくはミッドナイト・ブラウン・バーガンディーの3色を持っています。

手持ちの服と合わせやすくて良いカラーを選べていると思いますが、超お気に入りなのでまた何か買い足すかもです。笑

通年使えるシルク素材

ニットタイで使われる素材としては、一般的に

  • コットン
  • ウール
  • シルク
  • ポリエステル

とありますが、この中でも一番使いやすいのはシルクでしょう。

温かみあるウールは秋冬
涼しげなコットンは春夏
低価格帯で使われがちなポリエステルは安っぽさが拭えず。

『WORKERS』はもちろんしっかりシルク100%

Workersのニットタイはシルク100%
触り心地なめらか

季節感とか何も考えずに安心して着用できます。

ニットタイ、気になるあれこれ

ニットタイというアイテム自体に馴染みが無い方もいらっしゃるかもなので、「これってどうするの?」的なポイントにいくつか触れておこうかと思います。

どう結ぶ?

ぼく自身ネクタイについて明るくないので、「どう結ぶんだ?」ってのは結構迷いました。

なんかネクタイって必殺技みたいな名前の着いた結び方が色々あるし、どれがどれかって全然分からないという。

一応ぼくは一番オーソドックスな結び方である「プレーンノット」で結んでます。(というかこれ以外まともに結べない)

目次
閉じる