美しいデザイン、ハーマンミラーのモニターアーム「FLO MONITOR ARM」をレビュー

ハーマンミラーフローモニターアームのアイキャッチ画像
目次

右下のボタン()で目次まで戻れます

モニターアームもデザインにこだわりたい

先日DELLの32インチモニターを購入しましたが、使っている内に「やっぱりモニターアーム付けたいなぁ」という気持ちが強くなってきました。

そこで良い感じのモニターアームを見つけたので、ご紹介します。

ハーマンミラーのフローモニターアームを購入

ハーマンミラーの「FLO MONITOR ARM(フローモニターアーム)」です。

「FLO MONITOR ARM」について

腕みたいな形状で、取り付けるとモニターを自由自在に動かせるモニターアーム。色んなメーカーのものがありますが、鉄板はエルゴトロンのやつ。

「昨今のおしゃれデスクには必ずコイツがある」と言っても過言ではなし。なので安直にこのエルゴトロンを買っても良かったんですが。。

ぼくが選んだのは、冒頭お伝えした「FLO MONITOR ARM」でした。

ショップによってメーカー名が『ハーマンミラー』か『CBS』と表記が変わりますが、中身は一緒です。(CBSはハーマンミラーのグループ会社らしい)

「FLO MONITOR ARM」の主なスペックは以下の通り。

価格¥36,740
重量3kg
サイズ奥行き: 523mm
高さ:343mm
可動域鉛直方向可動幅(水平面に対して垂直方向の可動幅) /343mm
水平方向可動幅 / 523mm
傾斜幅(モニターの角度調整) / +/-40度
回転幅 / 180度
カラーホワイト、ブラック、シルバー
耐荷重9kg
参考元:https://store.hermanmiller.co.jp

見つけたきっかけは、神ノートとも呼ばれる以下の記事。

この中で「FLO MONITOR ARM」を"世界一美しいモニターアーム"と評されていて、「あ、欲しい」と分かりやすく影響を受けちゃったのでした。

エルゴトロンと比べるとお値段は2倍以上、、、ですが、

  • 可動域はほぼ変わらず
  • デスクの接地面が狭くスペースを取らない
  • 細いアームがスマートでカッコイイ

と良いところもたくさん。

というわけで購入。
楽天で買ったんですけど、味気ない段ボールに入ってました。

ハーマンミラー フローモニターアームの箱

開けたらこんな感じ。

ハーマンミラー フローモニターアームの箱を開封
ハーマンミラー フローモニターアームの箱の中身

各パーツの詳細は組立てながら説明していきますね。

組み立てるよ

組み立てが最初はちょっと分かり辛かったですが、クランプ部分(デスクに挟むとこ)だけ頑張ればあとは簡単でした。

まずはその難関、クランプを組み立てます。パーツは以下の通り。

ハーマンミラー フローモニターアームのクランプのパーツ
クランプはパーツが多いので番号付け

パッと見で何が何やら分からないので、順に説明します。

まず①②のネジ部分。

ハーマンミラー フローモニターアームのクランプのネジ

これを③の穴に通して、六角レンチで締めます。

ハーマンミラー フローモニターアームのクランプにネジを通す

ただ②の丸い金属はネジが入るわけじゃなく、スポスポ抜けます。

ハーマンミラー フローモニターアームのネジははまらない

①のネジを締めて、②の丸い金属を押して圧迫することでデスクにはめる仕様みたいです。(文章で説明し辛い…)

そして④⑤のパーツは、デスク上面と設置する部分。

ハーマンミラー フローモニターアームのクランプ接地面部分のパーツ

この謎の金属は、装着の仕方で180度回転にするか360度回転にするかを選べるようです。

ハーマンミラー フローモニターアームの回転設定方法

ぼくはなるべく自由に動かしたいので、360度回転できるように付けました。

これをクランプ本体に付ける。

ハーマンミラー フローモニターアームのクランプの接地面を組み立てる

しかしこれもちゃんとハマるわけではなく、ただ添えるだけ。さっきのパーツもそうですが、全体的にカチッとハマらず少し取り付け辛い印象でした。

ハーマンミラー フローモニターアームのクランプの接地面はしっかりはまらない

そして最後に、⑥のパーツ。

ハーマンミラー フローモニターアームのクランプのカバー

これはただ上から乗せるだけのもの。見た目だけの飾りかな。

ハーマンミラー フローモニターアームのクランプのカバーを取り付ける

ここまできたらクランプをデスクに取り付け。

このクランプは、3段階で厚みが変えられるので、デスク天板によって止める箇所を変更します。

ハーマンミラー フローモニターアームのクランプの天板の厚みへの対応

ぼくの天板は厚さ30mmで、一番下の穴がちょうどよかったです。真ん中だとギリ駄目でした。

で、あとはドライバーで締めていく。

ハーマンミラー フローモニターアームのクランプを電動ドライバーで締める
ハーマンミラー フローモニターアームのクランプを取り付け完了

これでやっと、クランプ側の取り付けが完了。これができたら8割くらい完成だと思います。

ここにモニターアーム本体を入れます。

ハーマンミラー フローモニターアーム本体と取り出す

クランプにただ挿すだけ。特に難しいことはなし。

ハーマンミラー フローモニターアームをクランプに挿す
ハーマンミラー フローモニターアームをクランプに挿した

あとはモニター側の準備。

まずはスタンドを取り外す。

DELLの32インチモニター「U3219Q」のスタンドを取り外す

VESAマウントを装着します。

ハーマンミラー フローモニターアームのVESAマウント
ハーマンミラー フローモニターアームのVESAマウントを電動ドライバーで取り付ける

そしたらモニターアームの取り付け部分に、上から滑らせて装着します。

ハーマンミラー フローモニターアームにモニターを装着しようとする画像
ハーマンミラー フローモニターアームにモニターを装着しようとする画像2

これで全部の取り付けが完了

ハーマンミラー フローモニターアームにモニターを装着し終えた画像

普通にやればそれほど難しくないと思いますが、撮影しながらだったから疲れた…(ブロガーの宿命)

装着して使ってみるよ

装着してみて、改めてこの美しさにうっとり。

ハーマンミラー フローモニターアームのデザインが美しい
ハーマンミラー フローモニターアームのズーム写真
ハーマンミラー フローモニターアームのマウント部分の写真
DELLのモニターのシルバーと相性良い気がする

ケーブルを収納できるギミックもあって、背面をよりスッキリ美しく保ってくれます。

ハーマンミラー フローモニターアームのケーブル収納ギミックの画像1
ハーマンミラー フローモニターアームのケーブル収納ギミックの画像2
ハーマンミラー フローモニターアームのケーブル収納ギミックの画像3

やっぱり嬉しいのは、デスクとの接地面の面積が狭いこと

背面だけじゃなくデスク上もスッキリさせてくれます。

ハーマンミラー フローモニターアームのデスクとの接地面

他に地味な便利機能として、モニターの重量によってアーム側の強さ?を調節できます。

↓のネジを六角レンチで締めて調節。

ハーマンミラー フローモニターアームの重さに対する強度の調節方法

目盛がついてるので、調節具合を目視確認できます。

ぼくの装着してる32インチモニター「DELL U3219Q」はスタンド無しで重量5.8kg。大してモニターアームの耐荷重は9kgで、↑の目盛くらいがちょうど良かったです。

サイズ感については、カタログだと以下のような表記でした。

ハーマンミラー フローモニターアームのサイズ

「どのくらい動くのか?」については、基本的に動かしたいと思った方向には動かせる、と思っていただいて大丈夫だと思います。

ハーマンミラー フローモニターアームでモニターを手前に動かすGIF
360度回転なので手前にいくらでも持ってこれる
ハーマンミラー フローモニターアームでモニターを縦に動かすGIF
縦の回転も自由自在
ハーマンミラー フローモニターアームでモニターを傾かせて動かすGIF
傾きも自由自在

いやもう、本当に最高です。

感想=最高!

長いこと続いている在宅ワークでよく感じるのが、同じ姿勢でずっと作業してると疲れるってこと。

そこで「ちょっと姿勢変えたいな〜」ってときに、モニターアームがあればどんな姿勢でもサッと見やすい位置に持っていけるのが本当に素晴らしい。

もしモニターアームが無かったら「姿勢変えたい→モニター見辛い→休憩しちゃお…」という流れになっちゃうんですけど、このダラダラサイクルを防げるのは在宅ワークにおいて超重要ですね。

先日紹介した電動昇降デスクも当てはまりますが、こういうとこに投資するのは良いお金の使い方だな〜、とひしひし実感。

あと作業内容によってモニターの位置を変えたりね。
ブログ執筆などテキスト入力作業は近くに持ってきたり、画像編集とか動画鑑賞など全体を俯瞰して見たいときは奥に置いたり。

モニターを自由に動かせるのがこんなに良いものだとは…

「モニターアームなんて要らなくない?」とか思ってたこともあったんですが、実際使うとそんなこと言えないですね。お家でPC作業をヘビーにやってる方はモニターアーム付けると世界変わります。

ハーマンミラー フローモニターアームにモニターは使い心地最高

そして今回の「FLO MONITOR ARM」は本当にルックスがお気に入り。

まぁモニターアームなんて作業中は隠れてるものですけど、「見えないとこにもデザインにこだわってる」っていう事実に快感を覚える笑。自己満の世界ですね。

この気持ちに共感できる方には、オススメできそうなモニターアームです。

以上です。
ご覧いただきありがとうございました。

目次
閉じる