コンセント一体型モバイルバッテリー、『ANKER』の「511 Power Bank」をレビュー

ANKER 511 Power Bankのアイキャッチ画像
目次

右下のボタン()で目次まで戻れます

やっぱり、『ANKER』なんだわ

また『ANKER』から良さげなモバイルバッテリーが発売されたので、購入しました。

Anker 511 Power Bankをコンセントに挿した画像

コンセントとモバイルバッテリーが一体になった「Fusionシリーズ」の最新版、「511 Power Bank」

上記写真のようにコンセントに挿すだけで充電できて、そのまま外出先でデバイスに給電できる便利なヤツ。先月末に発売した後、在庫切れ状態が続いているほどの人気商品。

たしかにスリム化して携帯性がよりアップした魅力的な商品でしたが、残念な点もいくつかありました。

Fusionシリーズ「511 Power Bank」商品スペック

こちらが今回の主役、「511 Power Bank」(の箱)

Anker 511 Power Bankの箱の画像

中身は以下の通り。
ケーブルは付属しておりませんでした。

Anker 511 Power Bankの箱の中身

商品スペックは以下。

価格¥4,990(税込)
重量約170g
サイズ約113 x 30 x 30mm
充電容量5000mAh
満充電時間2.5時間
高速充電
パススルー充電
最大出力20W
出力端子USB-C
保証最大24ヶ月保証

容量5000mAh&高速充電にも対応で、外出先でスマホを1回くらい充電するのにちょうどいいスペック。PCの充電には心もとないですけども。

サイズ感は以下。
従来のコンセント1体型Fusionシリーズではコンパクトですが、、「小さい!」とまではいかず、意外と存在感あります

ANKER 511 Power bankのサイズ注釈画像

重量は以下の通り。
重くはないけど、ケースを装着したiPhone12miniとほぼ同じなので、軽くもない。

Anker 511 Power Bankの重量
レザーケースを装着したiPhone12miniの重量

ベルトループがついております。
ぶっちゃけ使わないと思う。

Anker 511 Power Bankのベルトループ

ボタンと充電のインジケーター。
1目盛り25%です。

Anker 511 Power Bankの目盛りの見方注釈画像

出力端子はUSB-C。

Anker 511 Power Bankの出力端子はUSB-Cポート

コンセントのプラグは折りたたみできます。

Anker 511 Power Bankのコンセントのプラグを折りたたむGIF

良いところ

ぼくが考える、「511 Power Bank」の良いところは以下の通り。

「511 Power Bank」の良いところ!
  • サイズがコンパクト
  • デザインがオシャレ
  • これ1個でどこでも行ける

スリムで持ち運びやすい

今までのコンセント一体型のFusionシリーズは、重くてデカいというのがネックだったと思います。

Anker Power Core Fusion 5000を手に持った画像
まぁまぁボロボロ

今回の「511 Power Bank」と並べてみると。。

Anker 511 Power BankとPower Core Fusion5000を並べた画像

長くはなったものの、スリムになったことは伝わるはず。

ポーチやカバンのちょっとしたポケットにも入るんで、携帯性は抜群です。

デザインがオシャレ

個人的にはこのデザインも好きですねぇ。

Anker 511 Power Bankを手に持った画像

スティック形状でブラックの素材グラデーションがとってもク〜ル。

モバイルバッテリーとしては、「つい持ち歩きたくなるデザイン、」ってのは大きなメリットでしょう。

これさえあれば、どこへでも

コンセント1体型のFusionシリーズ全般に言えますが、やっぱりコレ1個あればアレコレ充電器を持たずに済んじゃうのは最高。

Anker 511 Power Bank ガジェットを並べた画像

それがよりスリム&スタイリッシュになったんですから、「そりゃ買いますよね」っていう。

カバンに入れてる時の安心感は、他のモバイルバッテリーとは段違いです。

気になったところ

残念ながら気になる点もいくつかありました。

「511 Power Bank」の気になった点
  • ポートの位置が悪すぎる
  • 出力端子がUSB-C一つだけ

ポートの位置が悪すぎる

購入する前は、「モバイルバッテリーとして完璧じゃん!」なんて思っていたんですが、かなり致命的な欠点が一つ。

というのも、USB-Cのポートの位置があまりに悪すぎるんですよ。

実際に見ていただくと。

Anker 511 Power Bankのポート位置がコンセントと干渉する画像1
Anker 511 Power Bankのポート位置がコンセントと干渉する画像2

上記画像のように、ケーブルを挿すと上のコンセントを潰してしまうのです。

じゃあ逆にすれば、、

Anker 511 Power Bankがコンセントに干渉する画像

いや、こうなるよね…

どう足掻いても、コンセントに干渉してしまいます…

せっかくパススルー充電対応なのに、これでは魅力半減。。新機種での改善希望ですね。

出力端子がUSB-C一つだけ

他のFusionシリーズなどは出力端子がUSB-A、USB-C出力ポートがが2〜3個あるのに対して、今回の「511 Power Bank」はUSB-C端子が一つだけ。

充電したいデバイスがいっぱいあるときは順番待ちになってしまいますので、持ち歩くデバイスが多い方は不満に感じるかもです。

まとめ:安心感ハンパない

以上、『ANKER』の「511 Power Bank」のレビューでした。

あらためて今回の内容を振り返ると、以下の通り。

  • スマホやタブレットの充電にちょうど良いスペック!
  • スティック型の形状で、携帯性抜群!
  • 見た目カッコいい!
  • ポートの位置悪すぎる…
  • 出力端子がUSB-C一つだけ…

形状など残念な点もあったり、外出先でヘビーなPC作業を行うには物足りないかもしれませんが、、

「スマホやタブレットを充電できればOK」というライトユーザーには、コレ以上ないくらい頼りになるモバイルバッテリーだと思います。

ぼく自身、基本的にiPadとiPhoneしか持ち歩かないので、自分には合ってるなーと。

以前ご紹介したMagsafe対応のモバイルバッテリーや、AppleWatch用充電器と合わせて、完璧な布陣になりました。

Ankerのモバイルバッテリーの完璧な布陣1
気付いたら、全部ANKERだわ…
Ankerのモバイルバッテリーの完璧な布陣2
iPhoneもAppleWatchも、ケーブルなしで充電可能
Ankerのモバイルバッテリーの完璧な布陣3
モバイルバッテリーの容量がなくなっても、コンセントがあればその場で充電可能

コレらをバッグに入れて、憧れのノマドワークに勤しむことにします。

NV

以上です。
ご覧いただきありがとうございました。
よければ他の記事もあわせてご覧ください。

目次