三十路の神経質男子が語る、シンプルに続けるスキンケア

スポンサーリンク

褒められおじさん

ぼくは肌をキレイに保つことをめちゃくちゃ意識してます。

だからスキンケアは朝晩欠かさずやっております。
いくら服をオシャレにしても汚肌では台無しですから。

その甲斐もあってか、
年齢の割に肌のキレイさを褒められることが多いんです。

お褒めの言葉
  • 30代のお肌じゃないよね〜
    (30代・男性)
  • え〜同世代かと思ってました〜
    (20代・女性
  • ○○プロダクションの者ですが〜
    (年齢不詳・男性)

やはり褒められるのはすごく気分が良い。
脳汁出まくり。

ふと先日、
「この気持ちをぜひ共有したい!」
と思い立ったのです。

そんなわけで今回は、

なゔ
なゔ

年齢の割に肌を褒められがちなぼくが、スキンケアルーティンと大事にしてることを共有します!

という趣旨のお話です。

これがぼくのスキンケアルーティン

ぼくが毎日やってるスキンケアの工程は次の通り。

ちなみに、
季節や気温で使う物は変えません。

変えるのも面倒だし、
肌に付けるものが多くなるのが嫌なので。

量は気分で変えたりしてますけどね。

なので、どんな時期でも使っていて不快感のないモノが多くなっています。

1.洗顔

何はともあれ、まずは洗顔。

洗顔料はドクターブロナーのマジックソープを愛用。

もうずーーっとこの洗顔ですね。
多分10年以上使ってます。

香りは色んな種類がありますが、ぼくが使ってるのは無香料のベビーマイルド。

オーガニック成分だけで作られた液体石鹸で、肌に優しいのが売り。

しかし、実際使ってる感じでは洗浄力強め。
保湿は絶対必須で、敏感肌の方はちょっと注意が必要な気がしてます。

価格は237mlで¥1,320と一見割高。
ただ、少ない量でかなり泡立つので実際のコスパは良いです。


モコモコ〜

体感的には薬局に置いてあるフツーの洗顔と同じか、下手したらそれ以上かも…?くらい。アマゾンで大きいボトルを買うとより体感できます。


ドクターブロナー マジックソープ ベビーマイルド 739ml

これを無印良品のボトルに詰め替えて使ってます。

ただ、このボトルだと1プッシュで出る量がちょっとだけ多いので、出る量が少なめの詰め替えボトルを探し中。

ちょっと前置きが長くなりましたが、肝心の顔の洗い方。

  • ポンプで1プッシュ弱を泡立てネットに取って、しっかり泡立てる
  • 手は顔につけず、泡を顔にクルクルする感覚で洗う
  • マジックソープは洗浄力強めなので、サッと流す

これだけ。洗い上がりはツルツルです。

1点伝えておくならば、泡立てネットは絶対に使った方が良いってこと。

洗顔のときは手で顔をこするんじゃなく、泡で顔を洗うってことが重要なんです。

また、泡立てネットは2ヶ月くらい毎に変えるのがオススメ。
衛生面的な意味もありますが、新品とそうでないものでは泡立ちの量が全然違いますよ。

2.シェービング

続いて、朝だけお髭のシェービング。
脱毛に通ってることもあり髭はあまり濃くないですが、基本的に毎朝剃ってます。

ぼくはPHILIPS(フィリップス)のシェーバーを愛用してます。

これについては過去に記事にしてるので、こちらをどうぞ。

Philips (フィリップス)の電動シェーバーをしばらく使った感想
Philips (フィリップス)のシェーバー9000シリーズのS9731A/33を購入して、実際に使ってみた感想をレビューしました。肌に優しい、ヒゲスタイラーが便利、音が静かなどの良い点や、ちょっと気になった点などを正直に書いています。

シェービングフォームの上からクルクルと剃ります。
使ってるフォームはSUCCESSのノンメントールタイプ

特別コレといった特徴も無いですが、
メントールが苦手なので重宝してるやつ。

ただ、これはマジックソープの泡で代替できないかなーとお試し中です。

3.化粧水

洗顔後の保湿は必須です

保湿しないと一瞬で肌荒れしますからね。
これは朝晩欠かさずやっています。

使っているのは無印の敏感肌用さっぱりタイプ。

水のようなさっぱりした使用感が特徴。
これを手に取ってバシャバシャ使ってます。

無印良品の化粧水を使う量
コットンは使いません。

以前の記事では「この量を4〜5回つけてますよ〜」って書いてましたが、たまに面倒臭いときは2〜3回で済ませちゃうこともあります。

一人暮らし独身神経質男子がオススメする、無印良品ベスト5
家具、日用品などは無印良品でほとんど揃えている自分が、特にオススメできる商品を5つ紹介しています。当ブログはファッションブログではありますが、服に限らず暮らしを向上させてくれそうなモノをピックアップ。それでいて、お手軽に買える物を厳選しました。

ただ、量をケチらずたっぷりと使うってのは常に意識してますね。

その理由としては、ぼくがこれまで見てきた肌が綺麗な人は「化粧水を大量につけてます」と口を揃えて言って気がするから。

それに気付いてからぼくも真似するようになったんですが、確かに肌の調子が良くなりました

ちょっと良さげな化粧水を使ってたこともありますが、体感的には安い化粧水を大量に使っている時の方が調子良いですね。

4.クリーム

お次はクリーム。保湿した肌に蓋します。

暑い時期は塗ったり塗らなかったりしてます。

実は化粧水を塗るだけだと、蒸発しやすくて保湿効果が半減しちゃうんだとか。
蓋する役割としては乳液もアリですが、どうも使用感が苦手なのでぼくはクリーム派。

使っているのは「MTメタトロン コントアBクリーム」です。

40gで¥8,000とやけにお高い。

脱毛クリニックでこのクリームをオススメされたのがきっかけ。
使ってみたら良い感じだったのでそのままリピしてるやつ。

使ったら肌が明るくなってくれます。

このくらいの量をテキトーに塗り塗り。
あまり多く塗らず、薄ーく塗ることを意識してます。

ただ、このクリームは正直惰性で使っちゃってる感は否めず。
他に安くて良いのを探したい気持ちは少しだけありますね。

5.日焼け止め

そして最後に日焼け止め。
これは朝だけ塗ってます。

今はキュレルのUVエッセンスを愛用中。

こちらも過去の記事で語ってます。

日焼け止めの選び方と、新しくCURELの日焼け止めを買った話。
スキンケアの中でも、日焼け止めはかなり優先度高いです。しかし、その選び方を間違えると逆効果になることもあります。モノによっては化学成分が血液に流れたり、そもそも表記が違ったりといった話もあるので、そういった話をしています。また、オススメの日焼け止めについても。

このくらいの量を掌の上で伸ばして、顔に塗ります。
もしかしたらちょっと少ないかも?

注意点としては、
掌の上でちゃんとしっかり伸ばしておくこと。

そうしないと日焼け止めがそのまま顔に乗っちゃって、不自然に顔が白くなっちゃうんですよね。他人から見ると結構気付いたりするので、ここは意識しておきたいところです。

また、ぼくが大事にしているのが「必ず毎日塗る」ってこと。

例えそれがずっと家にいる日でも。

日焼け止めをサボっている時期とちゃんと塗っている時期では、明らかに肌の状態が違いますからね。

ちゃんと塗ってる時はツルスベモチッ、と健康的なお肌。

なので、「日焼け止めとか塗ってないよ」って方は、この記事を閉じて今すぐ塗り出すことをお勧めします。
(寝る前はやめておきましょう)

スキンケアにおける信条

以上が、ぼくのスキンケアルーティン。
自分としては結構シンプル目にやっているつもりです。

一つお伝えしておきたいのは、ぼくの肌のキレイさは「年齢の割に」ってこと。
良いカメラで映した写真をズームされるとまぁ耐えられない…

もっと凝り出すと、フェイスパックやクレンジング等までやる必要があるかと思ってます。

しかし、ぼくがそれをやっていないのは、10年以上続けてきて「スキンケアで本当に大切なこと」ってのがある程度分かったからです。

それを一言で言うならば、
「シンプルに長く続けること」。

シンプルに

美容メディアなどを眺めてていつも思うのが、「めっちゃ色んなモノ顔に塗らせようとしてくる…」ってこと。

  • クレンジングオイル
  • 洗顔
  • スクラブ
  • 導入液
  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム
  • 日焼け止め
  • フェイスパック

ぼくは、こんな多くのモノを人間の肌に付ける方が不自然だと思っちゃいます。
そもそもこんなに沢山使ってると、肌が荒れた時に何が悪いのかも分からないですからね。

また、それぞれどんな役割で、なぜ使ってるのかもイマイチ分かりません。

スキンケア用品のパッケージ裏を見てみると、使われている全成分が書いてありますよね。

細かい話ですが、これ全部の効果とか役割って分かります?
ぼくは分かりません…

得体の知れない物を顔に塗りたく無い。
とは言え塗らないと肌荒れする。
全部を調べるのは素人では無理がある。

そういった考えから、「スキンケアはよりシンプルに」を大切にしています。

続けること

スキンケアは1日でもサボったらダメ。

1日でもサボると翌日のお肌に現れますし、そもそも続けないと効果を実感できないですからね。

なのでぼくは「無理をしない」ことを重視してます。

「スキンケアするぞ!!」って意気込んでガチガチにやるよりも、自分が負担に感じない範囲でやる方が絶対良いと思うんですよね。

それこそクレンジングとかフェイスパックも試したことはありますが、全然続けられなかったんですよね…


洗顔をポンプに詰め変えているのも、楽チンだから

だから「まずは化粧水だけ」とか、
そんなレベルでも続けることが何よりも大切だと思ってます。

これは先述の「シンプル」にも繋りますね。

また、「続ける」という意味では、
同じモノを使い続けるということも大事。

スキンケアって新しい物を使い始めてから効果が現れるのにすごく時間がかかるから。
だからスキンケア選びって難しい…

そんな保守的な考えを持っているからこそ、洗顔や化粧水は同じものを10年使い続けてたりするんでしょうね。

ぼくにとって、新しいスキンケアを試すのはかなりの勇気が必要なのです…

まぁ、とは言えコレをずーっと続けてきて肌を褒められているのは事実。
スキンケアの正解の一つだと自分では思っています。

「シンプルに続けるスキンケア」で、
褒められおじさん肌(激寒)を是非目指しましょう。

なゔ
なゔ

以上です。
ご覧いただきありがとうございました。

コメント