ガチでヘビロテしてる服をピックアップ

ガチヘビロテ記事アイキャッチ画像
目次

右下のボタン()で目次まで戻れます

ホントに着まくってるやつだけだよ

当ブログではこれまで様々な服を紹介してきましたが、着る頻度ってのはやっぱり異なります。

ぶっちゃけ、紹介したけど実はあんまり出番がなかった服とかありますからねー。

しかしそんな話をすると、「結局、普段お前は何を着てるんだ?」って声が聞こえてきそう。。

なので今回は、これまで紹介した服などの中でも「これはガチで着まくってる」という服に絞って紹介してみようと思います。

Graphpaper 2パックT

まずは『Graphpaper(グラフペーパー)』の定番パックT

グラフペーパーのパックT置き画

購入してから、夏はこればっかり着てます。

ホワイトだけでは足りずz違いでブラックも購入したほど。

グラフペーパーのパックTのホワイトとブラック
  • ゆったりシルエットで、1枚でサマになる
  • 吊り編生地で丈夫
  • フワフワした触り心地が気持ちいい
  • 首の詰まり具合が絶妙
  • 定番なので購入しやすい

などなど、個人的に好きな要素が詰まったパックTです。

グラフペーパーパックTの着画正面
グラフペーパーパックTの着画横から

ここ数年は5月〜10月くらいは暑くて半袖で過ごしてるので、1年の半分はこのTシャツを着てることになります。

丁寧にお手入れしてるからか、2年着てもまだいけそう。2パック入りでもう1枚あるし、来年の夏もヘビロテ予定です。

THE カーディガン

羽織ったり結んだり肩にかけたりと、着こなしの幅が広く重宝するカーディガン。

ぼくは『THE(ザ)』のカーディガンを愛用しています。

THEカーディガンの置き画
THEカーディガンのブランドロゴ

コットンにカシミヤが少し入ってるのが特徴。
それによって以下のようなメリットがあります。

  • コットン100よりも軽い
  • 保温性UP
  • 起毛感で肌触りがいい
  • 家庭でも洗濯可能

これに関しては仕事でも使ってるんで、着用日数でいえばズバ抜けてるかも。

今の時期なんかは、先述のTシャツに羽織るだけでなんとかなっちゃうし。

グラフペーパーのパックTにTHEカーディガンを羽織った着画

真冬はコートの下に仕込んでもいいし、やっぱカーディガンはハイゲージが好みですね。

LENO ルーズテーパードデニム

ボトムスからは『LENO(リノ)』のデニムを選出。

LENOのルーズテーパードデニム置き画

個人的に、メンズ服はボトムスが印象を左右すると思ってるんですが、このデニムはシルエットが最高で、履くだけで良い感じになってくれるんです。

LENOのルーズテーパードデニムの着画正面から
LENOのルーズテーパードデニムの着画横から

これまで何本もデニムを試してきましたけど、ぶっちゃけコレが今のところナンバーワン。他のデニムを探す気すらなくなってます。

それに12オンスという、夏も冬も履けちゃう絶妙な厚み。1年通して履けるボトムスがワードローブにある安心感はハンパないです。

「このデニムを履けばなんとかなる」と思っちゃってるんで、服の合わせ方とかほぼ考えなくなったという…笑

それくらい自分のコーディネートに大きなインパクトを与えたパンツでした。

DIGAWEL デニムジャケット

お次もデニムアイテム。
『DIGAWEL(ディガウェル)』のデニムジャケットです。

DIGAWELのデニムジャケット置き画

デニムジャケットがずっと欲しいと思っていたものの、1st,2nd,3rdなといった定番の形に全くピンと来ず、長いこと趣味に合うものを見つけられずにいたのですが…

そこで出会ったのが、こちらの『DIGAWEL』でした。

DIGAWELデニムジャケットのタグ

デニムジャケットにありがちな装飾を全て排除した、とにかくミニマルなデザイン。

DIGAWELのデニムジャケットはデザインがミニマル

ゆったりした袖や身幅で、漢臭さを感じさせないシルエット。

DIGAWELのデニムジャケットの着画正面から
DIGAWELのデニムジャケット着画横から

とにかく自分の趣味にドンピシャ
サイズを買い替えるほどには惚れ込んだやつ。

未だに着るとテンションが上がる1着です。

BLUNDSTONE サイドゴアブーツ

革靴を好むわたくしですが、中でも一番履いてるのは『BLUNDSTONE』のサイドゴアブーツなのでした。

ブランドストーンのローカットサイドゴアブーツ
ブランドストーンのローカットサイドゴアブーツ横から
  • 耐水使用で雨の日もOK
  • サイドゴアでスポッと脱ぎ履きできる
  • 丈夫なアウトソールで履くシーンを選ばない
  • シンプルなデザインでコーディネートに合わせやすい

などなど、つい足を入れたくなる要素が揃ってる1足。

『BLUNDSTONE』といえばハイカットタイプが定番なんですけど、合わせやすさ&履きやすさ重視でローカットタイプを選びましたが、結果正解でしたね。

ブランドストーンのローカットブーツの踵

他の革靴をエイジングさせたい気持ちもあるんですけども、「今日はいっか」って感じで楽してたら、毎日ブランドストーン履いてるやん…なんてことが多々。

近所のコンビニにも、
雨がザーザー降りの日にも、
街をウロウロするにも、
旅行で長距離歩くにも。

とにかくどんなシチュエーションでも履けてしまうので、ダントツの登板回数となっております。

ERA. デイパック

お次はバッグ。
バッグも様々持っていますけども、一番使ってるのは『ERA.(イーラ)』のデイパック

ERA.のデイパックMO置き画
  • 丈夫なコーデュラナイロン記事
  • 超普通でシンプルなデザイン
  • ボリューム感あるシルエット
  • 荷物もたくさん入る

などなど、まったく気兼ねなく背負えるバッグです。

背負った時の丸っこいシルエットが特にお気に入りのポイント。

ERA.のデイパックMOの着画

こんな感じのデイパックなんて無限にありますし、探すときには他も検討したんですけども、、

シルエットやサイズ感など他にはない魅力があるので、「ERA.を選んで本当によかった」と思っています。

WIGWAM 白ソックス

最後は靴下。
『WIGWAM』の白ソックスです。

WIGWAMの白ソックス持ち画

基本的に私服では白ソックスばかり履いてるので、文句なしのヘビロテ賞です。

白ソックスに対して以下のようなこだわりがあるんですが、『WIGWAM』はこれをクリアしてくれました。

  • 真っ白すぎず、生成すぎずな色味
  • 大きいサイズがある
  • リブの幅が太め
  • 1足¥500円くらい以内
  • シーズン問わず購入できる

こだわりポイントが多く、見つけるのに非常に苦労したのでした。。

…が、しかし。
超絶残念なことに、、
最近リニューアルされたのか、色味が真っ白になってしまってたんです…

WIGWAMの靴下の色味が変わってしまった

色味は一番こだわってたポイントでしたし、ここが変わっちゃうと『WIGWAM』を選ぶ理由がなくなってしまったという…

なので、「今後はどうしよっかなー」と悩み中。。色味は諦めて、購入しやすいレイルロードソックあたりにするか?新しい白ソックス探すか?

…まぁとりあえず今はまだ『WIGWAM』の買い置きがあるんで、それがなくなるまでゆっくり考えておくことにします。

まとめ:ヘビロテ服の共通点

以上、ぼくがガチでヘビロテしてる服のご紹介でした。

こうやって挙げてみると、ヘビロテする服は共通点があるな〜なんて気付かされましたね。

ヘビロテしてる服の共通点!
  • デザインがシンプル
  • 丈夫、お手入れが簡単
  • 着用シーンを選ばない
  • 定番で、着潰してもまた買える
  • 他と比較検討のうえ選び抜いた

上記をまとめると、"着用する心理的ハードルの低さ×特別感"みたいなのをぼくは重要視してるのかも?

この点を理解していれば、今後の買い物での失敗も減りそうです。

そうやってヘビロテできる服が増えていってくれるといいなぁ。(※体は一つしかない)

NV

以上です。
ご覧いただきありがとうございました。
よければ他の記事もあわせてご覧ください。

目次